@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNA) > ルータを超える機器とのARP

 Amazon

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆ルータを超える機器とのARP

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 ここで紹介している内容は、自サイトの別コンテンツをCCNA試験用として、そのまま、もしくは、修正して転載している部分があります。また、CCNA試験用にアレンジしている部分もあります。

スポンサードリンク

◆ルータを超える機器とのARP

ここでは、ルータを超える宛先にある端末と通信する場合のARPの動作について説明してゆきます。

下の図を見て下さい。コンピュータAからコンピュータFへ通信する場合のARPの動作は、どうなるのでしょうか?


コンピュータA、コンピュータFのIPアドレスは次のようになっています。

コンピュータAのIPアドレス・・・192.168.1.1/24
コンピュータEのIPアドレス・・・192.168.2.1/24

コンピュータAは、コンピュータFと同じネットワークに所属するかどうかを調べます。

 コンピュータAが所属するネットワークは、自分のIPアドレスと自分に設定されたサブネットマスクから論理積を求めることで知ることができます。

    192.168.  1.  1 ←コンピュータAのIPアドレス
AND 255.255.255.  0 ←コンピュータAに設定されたサブネットマスク
--------------------
    192.168.  1.  0

 コンピュータFが所属するネットワークは、コンピュータFのIPアドレスと自分に設定されたサブネットマスクから論理積を求めることで知ることができます。

    192.168.  2.  1 ←コンピュータEのIPアドレス
AND 255.255.255.  0 ←コンピュータAに設定されたサブネットマスク
--------------------
    192.168.  2.  0

すると、コンピュータAとコンピュータFは、異なるネットワークに所属することが分かります。

 コンピュータAは、自分の所属する「192.168.1.0/24」ネットワークでコンピュータFに対するARP要求を行っても、そこには、コンピュータFが存在しないことが分かるので、コンピュータFに対するARP要求は行いません。

 そこで、コンピュータAは、デフォルトゲートウェイであるルータの「192.168.1.254」のIPアドレスが振られたF0インタフェースにパケットを送信しなければ、ならないことが分かります。

 「192.168.1.254」に対応するMACアドレスが、自分のARPテーブルに存在するかどうかを確認します。もし、なければ、「192.168.1.254」に対してARP要求を行います。

 ARPテーブルに存在すれば、そこに登録されている「192.168.1.254」に対応するMACアドレスを使って、パケットを送信します。

コンピュータAがコンピュータFと通信する時の宛先アドレスは、以下のようになります。

<コンピュータA → ルータ間>
宛先MACアドレス ルータのF0のMACアドレス
送信元MACアドレス コンピュータAのMACアドレス
宛先IPアドレス コンピュータFのIPアドレス
送信元IPアドレス コンピュータAのIPアドレス

ルータを越える先にある端末との通信は、全て、デフォルトゲートウェイに送られることになります。


 パケットを受け取ったルータは、ルーティングテーブルを参照します。ルーティングテーブルとは、宛先ネットワークへ到達するには、どのインタフェースから送出させればよいのかを一覧としてまとめたものです。

※隣のどのルータに渡せばよいのかを指示している場合もあります。

例えば、ルータが以下のようなルーティングテーブルを持っていたとします。

宛先ネットワーク 送出インタフェース
192.168.1.0/24 F0
192.168.2.0/24 F1

宛先IPアドレス「192.168.2.1」に最もふさわしいエントリーが、「192.168.2.0/24」であると判断されます。

すると、宛先である「192.168.2.1」へは、パケットをF1から送出させればよいことが分かります。

 また、「192.168.2.1」が所属するネットワーク「192.168.2.0/24」は、ルータに直接接続されていることも分かります。

 つまり、次のルータに「192.168.2.1」宛てのパケットを転送しなくとも、このルータから直接、パケットを配送できることが分かります。

 ルータは、F1に関連付けられた自分のARPテーブルのエントリーに「192.168.2.1」があるかどうかを探します。
エントリーの一覧に、「192.168.2.1」に対応するMACアドレスがあれば、それを使います。

一覧になければ、ルータが、「192.168.2.1」のMACアドレスを調べるためにARP要求を行います。

 このようにして、宛先IPアドレス「192.168.2.1」に対応するMACアドレスを調べて、ルータは、宛先を以下のようにセットしたパケットをコンピュータFに転送します。

<ルータ → コンピュータF間>
宛先MACアドレス コンピュータFのMACアドレス
送信元MACアドレス ルータのF1のMACアドレス
宛先IPアドレス コンピュータFのIPアドレス
送信元IPアドレス コンピュータAのIPアドレス

 ルータを経由すると、宛先IPアドレス、送信元IPアドレスは、変わりませんが、MACアドレスは、ルータを超えるごとに、宛先MACアドレス、送信元MACアドレスが変わるようになっています。



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連コンテンツ>
ARPとは
ARPの仕組み
ARP要求・ARP応答(その1)
ARP要求・ARP応答(その2)
ARP要求・ARP応答の中身
ARPテーブルの確認 その1
ARPテーブルの確認 その2(show arp)
ARPキャッシュがクリアされる理由
ルータを超える機器とのARP
RARPとは
Proxy ARP(その1)
Proxy ARP(その2)
Proxy ARP(その3)
Proxy ARP(その4)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.