@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNA) > SSHを使用したアクセス(PuTTY)その2

スポンサードリンク
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆SSHを使用したアクセス(PuTTY)その2

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。

◆SSHを使用したアクセス(PuTTY)その2

 「SSHを使用したアクセス(PuTTY)その1」の続きです。

ネットワークは、下図の通りです。


 それでは、「PuTTY」ターミナルエミュレータを使用して、ルータにSSH接続を行ってゆきます。
ここでは、日本語に対応したPuTTYjpを使用してルータに接続していきます。

 SSHをクリックし、「優先するSSHのプロトコルバージョン」に「2」をしています。SSHサーバのSSHのバージョンが1の場合でも、PuTTYクライアントでは、接続できるようになっています。


IPアドレスに、「192.168.1.1」を入力し開くを押します。


ログインプロンプトで、ユーザ名に「admin」、パスワードに「ccnaccnp」を入力してログインします。


ログイン後は、いつものようにターミナル操作を行うことができます。


 これで、「PuTTY」ターミナルエミュレータを使用したセキュアなターミナル接続の説明は終わります。このようにCiscoルータやスイッチでは、簡単にSSHを使用した接続ができるようになっています。

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.