@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNA) > SSHで接続する(その2)

スポンサードリンク
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆SSHで接続する(その2)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。

◆SSHで接続する(その2)

SSHで接続する(その1)」の続きです。

 ここでは、ターミナルソフトからSSHを使用して、ルータに接続してみます。

 PCとルータとの接続は、下の図のようにします。


 ターミナルソフトを起動します。ここでは、「Tera Term」を使用して説明してゆきます。

「Tera Term」は、シリアルを経由したターミナル接続だけでなく、TelnetやSSHの接続もサポートしています。

「TCP/IPホスト」を選択し、宛先に「192.168.1.1」を、サービスに「SSH」を選択して「OK」ボタンをクリックします。


「セキュリティ警告」が表示されます。

「続行」をクリックします。


「SSH認証」では、以下のように入力します。

ユーザ名: ccnaccnp
パスフレーズ: ccnaccnp

入力が終わったら、「OK」ボタンをクリックします。


すると下のように、SSHでの接続が確立されます。


 これで、SSH(セキュアシェル)を使用したセキュアなターミナルエミュレーション接続の説明は終わります。Ciscoルータでは、簡単にSSHを使用した接続ができるようになっています。

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.