@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNA) > ログアウト時間の変更(no exec-timeout)

スポンサードリンク
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆ログアウト時間の変更(no exec-timeout)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。

◆no exec-timeout コマンド

下の図を見て下さい。

 より大規模なネットワークの演習を行うとなると、それなりに時間がかかります。

 例えば、下のネットワークを構築するには、Router_A〜Router_Eの5台のルータの設定が必要です。

 Ciscoルータは、コンソールで何もしていないと、デフォルトで10分で自動的にタイムアウトしてログアウトされてしまいます。

 つまり、何台目かのルータの設定を行っている間に、設定済みのルータがタイムアウトしてログアウトされてしまうのです。


 一度の設定で全て間違いなくルータの設定ができれば、ログアウトされてしまうことに、気にならないかもしれませんが・・・

「あっ!あそこの設定、間違えてしまったぞ!」

と気づいて、設定済みのルータの設定をしようと思うとコンソール画面を見てみるとタイムアウト!

ログイン作業が結構、煩わしくなってきます。

そこで、便利なコマンドが、「no exec-timeout」コマンドです。

Router(config-line)#no exec-timeout

タイムアウトしてコンソール接続が自動的にログアウトされなくなります。

Router(config)#line console 0
Router(config-line)#no exec-timeout

ちなみに

Router(config-line)#exec-timeout 0 0

と入力しても同様の結果が得られます。


◆exec-timeoutコマンド

コンソール接続から自動的にログアウトされる期間を「exec-timeou」コマンドで指定することができます。

Router(config-line)#exec-timeout {分} {秒}

 「no exec-timeout」コマンドを設定すると自動的にコンソール接続からログアウトされなくなります。実際の運用時に関しては、セキュリティー上の問題になりますので、このコマンドの使用は、あくまで演習時にとどめておきましょう!

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.