@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNA) > 自動的に再表示(logging synchronous)

スポンサードリンク
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆自動的に再表示(logging synchronous)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。

◆logging synchronous コマンド

 コマンドを入力していると途中で、ルータからの割り込みメッセージを受けて入力しずらくなることが、度々起こりませんか?

 特に「debug」コマンドを入力した後は、ルータからのメッセージの割り込みで、コマンドの入力どころでは、なくなってきます。

 下の例は、「show running-config」コマンドを入力している最中に、「debug ip rip」の割り込みメッセージが出力されている様子を表したものです。

Router#debug ip rip
RIP protocol debugging is on
Router#show ru ← ルータからの割り込み出力
RIP: received v1 update from 172.17.1.2 on Serial1
     172.18.0.0 in 1 hops
RIP: sending v1 update to 255.255.255.255 via Serial1 (172.17.1.1)
     default, metric 1

 「TAB」キーをひたすら押して、ルータからのメッセージをなぎ払って入力できないことは、ありませんが、「logging synchronous」コマンドを使うと設定が、コマンド入力が楽になります。

 「logging synchronous」コマンドを設定すると途中で、ルータからのメッセージ割り込みが入った場合でも、入力途中のコマンドを自動的に再表示してくれるようになります。

Router(config)#line console 0
Router(config-line)#logging synchronous

下の出力を見て下さい。

Router#debug ip rip
RIP protocol debugging is on
Router#show ru ← ルータからの割り込み出力
RIP: sending v1 update to 255.255.255.255 via Serial1 (172.17.1.1)
     default, metric 1
Router#show ru ← 自動的に再表示

 「logging synchronous」コマンドを設定すると途中で、ルータからのメッセージ割り込みが入った場合でも、入力途中のコマンドを自動的に再表示してくれることが分かります。

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.