@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNA) > CDPの設定

スポンサードリンク
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆CDPの設定

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。

◆CDPの設定

 CDPは、Cisco IOS Release 10.3からサポートされ、デフォルトで有効になっています。

 基本的に、何も設定しなくてもシスコ機器間でCDP情報を交換しています。

 CDPは、ルータ全体で起動させることもできますし、インタフェースごとに起動させることも可能です。

 隣接機器が、他ベンター製の場合、CDP情報の交換は、無駄になります。

 その場合、他ベンダー製の機器に接続するインタフェースでCDPに無効にすれば、CDP情報を交換する無駄な作業を停止させることができますし、帯域幅の節約にもなります。


●CDPをデバイス全体で有効にする

CDPをデバイス全体で有効にするには、グローバル設定モードでコマンドを入力します。

Roouter(config)#cdp run

●CDPをデバイス全体で無効にする

Roouter(config)#no cdp run

●インタフェース上でCDPを有効にする

CDPをインタフェースごとに有効にするには、インタフェース設定モードでコマンドを入力します。

Roouter(config-if)#cdp enable

●インタフェース上でCDPを有効にする

Roouter(config-if)#no cdp enable

 デバイス全体で、CDPを完全に停止するには、グローバル設定モードで、「no cdp run」コマンドを入力します。全てのインターフェースで、「no cdp enable」する必要はありません。

CDPは、トラブルシューティングにおいては便利ですが、必要がなくなれば、止めておきましょう!

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.