@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > パスワードの変更

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆パスワードの変更

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



◆パスワードの変更

 多くの無線ブロードバンドルータの管理者アカウントは、ユーザ名が「root」もしくは、「admin」のパスワードが「なし」になっています。

 工場出荷設定のままでは、ユーザ名に「root」もしくは、「admin」、パスワードには、何も入力しないで、「OK」ボタンを押すことで、ログインできてしまいます。つまり、無線ブロードバンドルータのIPアドレスを知られてしまうと、不正なログインを許してしまうことになります。

 無線ブロードバンドルータをルータとして使用している場合の多くは、ネットワーク上で、デフォルトゲートウェイの役割を担うようになります。

 デフォルトゲートウェイのIPアドレスは、大抵、ネットワークアドレスの最初のアドレスか、最後のアドレスを割り当てるのが、一般的です。また、割り振るIPアドレスは、プライベートIPアドレスを使用することから、容易に無線ブロードバンドルータのIPアドレスを推測されてしまいます。

無線ブロードバンドルータをアクセスポイントとして使用している場合も油断できません。

 それは、ネットワーク上のIPアドレスをスキャニングするツールが数多く出回っているからです。それらのツールを利用することでも、無線ブロードバンドルータのIPアドレスを特定されてしまいます。

不正なログインを許せば、無線ブロードバンドルータの設定を変更され、不正な侵入をを許してしまうことになります。

ここでは、下図のように、ネットワークを構成します。


管理ページにアクセスします。

「管理設定」をクリックします。


「パスワード」をクリックします。


「管理パスワード」に新しいパスワードを入力し、「設定」ボタンをクリックします。


設定が完了するまで、しばらく待ちます。


ユーザ認証を要求されます。

新しく設定したパスワードでログインします。


これで、パスワード変更は完了です。

このパスワードで、次回から管理ページにアクセスするようになります。

管理ページに接続する」 ← 前項 | 次項 → 「IPアドレスを設定する(LAN側)



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.