@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > IPv6(インタフェースへIPv6アドレス設定)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆IPv6(インタフェースへIPv6アドレス設定)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆IPv6(インタフェースへIPv6アドレス設定)

ここでは、ルータへのIPv6アドレスの割り当て方をまとめてみます。


◆IPv6ルーティングを有効にする

ルータにIPv6アドレスを設定する前に、IPv6ルーティングを有効にしておく必要があります。IPv6ルーティングを有効にするには、グローバル設定モードで「ipv6 unicast-routing」コマンドを入力します。

Router(config)#ipv6 unicast-routing

このコマンドを入力することでIPv6パケットのルーティングが行えるようになります。


◆リンクローカルユニキャストアドレスを割り振る

●自動設定

 リンクローカルユニキャストアドレスを自動で設定するには、インタフェース設定モードで「ipv6 enable」コマンドを実行するだけです。

Router(config-if)#ipv6 enable

全てのIPv6インタフェースは必ずリンクローカルユニキャストアドレスを持ちます。


●手動設定

 リンクローカルユニキャストアドレスは、自動で割り当てることもできますが、ルータやサーバなどは、固定で割り当てた方が分かりやすく、管理が容易です。

リンクローカルユニキャストアドレスを手動で設定するには、以下のコマンドを使います。

Router(config-if)#ipv6 address <address> link-local

 リンクローカルユニキャストアドレスは、「1111 11110 10」というビットパターン、16進表記で表すと「fe80:://10」で始まるアドレスです。

 

【設定例】

例えば、リンクローカルユニキャストアドレス「fe80::1」を割り振るには、以下のようになります。

Router(config-if)#ipv6 address fe80::1 link-local


◆リンクローカルユニキャスト以外を割り振る

リンクローカルユニキャストアドレス以外のIPv6アドレスを割り振るには、下のいずれかのコマンドを使います。

Router(config-if)#ipv6 address <address>/<prefix-length>

もしくは

Router(config-if)#ipv6 address <address>/<prefix-length> eui-64


●自動設定

インタフェースIDを「EUI-64」形式で自動生成することができます。以下のコマンドを使います。

Router(config-if)#ipv6 address <address>/<prefix-length> eui-64

【設定例】

 例えば、グローバルユニキャストアドレスで、プリフィックスを「2003:1::/64」で自動生成するには、以下のコマンドを使います。

Router(config-if)# ipv6 address 2003:1::/64 eui-64

●Router_Aの設定
FastEthernet0 is up, line protocol is up
  IPv6 is enabled, link-local address is FE80::20C:CEFF:FE4B:B7A6
  Global unicast address(es):
    2003:1::20C:CEFF:FE4B:B7A6, subnet is 2003:1::/64 [EUI]
  Joined group address(es):
    FF02::1
    FF02::2
    FF02::1:FF4B:B7A6
  MTU is 1500 bytes
  ICMP error messages limited to one every 100 milliseconds
  ICMP redirects are enabled
  ND DAD is enabled, number of DAD attempts: 1
  ND reachable time is 30000 milliseconds
  ND advertised reachable time is 0 milliseconds
  ND advertised retransmit interval is 0 milliseconds
  ND router advertisements are sent every 200 seconds
  ND router advertisements live for 1800 seconds
  Hosts use stateless autoconfig for addresses.
※リンクローカルユニキャストアドレスを手動で設定すると、このように出力されません。


●手動設定

手動でを割り振るには、以下のコマンドを使います。

Router(config-if)#ipv6 address <address>/<prefix-length>

【設定例】

例えば、グローバルユニキャストアドレス「2003:1::1/64」を割り振るには、以下のコマンドを使います。

Router(config-if)#ipv6 address 2003:1::1/64


ちなみに、グローバルユニキャストアドレスは、下の表のように割り当てが決まっています。

範囲 用途 説明
2001::/16 IPv6インターネット 現在、IANAでは、2001::/16をグローバルユニキャストアドレスとして割り振っています。IPv6でネットワーク構築する場合、2001::/16のアドレス範囲からアドレッシングを行うことになりす。
2002::/16 6to4移行メカニズム IPv4からIPv6へ移行する時に、6to4トンネルで利用する特殊なアドレス。
2003::/16〜3ffd::/16 未割り当て 現在、未割り当てですが、ルータのインタフェースに割り振ることができます。
3ffe::/16 6bone IPv6の研究・開発用

IPv6(IPv6の設定 リンクローカルアドレス3)」 ← 前項 | 次項 → 「IPv6(IPv6の設定 グローバルアドレス)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.