@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > TCPの制御(接続の確立)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆TCPの制御(接続の確立)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆TCPの制御(接続の確立)

ここでは、TCP制御手順における接続の確立の流れを説明してゆきます。

 TCPにおける通信では、TCPヘッダ内にあるCodeBit(コードビット)が重要な意味を持ってきます。TCPヘッダは、以下のようになっています。

0 15 16 31
送信元ポート番号(16ビット) 宛先ポート番号(16ビット)
シーケンス番号(32ビット)
確認応答番号(32ビット)
ヘッダ長
(4ビット)
予約済み
(6ビット)
コードビット(各1ビット) ウィンドウサイズ
(16ビット)
U
R
G
A
C
K
P
S
H
R
S
T
S
Y
N
F
I
N
チェックサム(16ビット) 緊急ポインタ(16ビット)
(オプション)
データ
←―― 32ビット ――→

 通信を行う側が、コードビットのSYNフラグを「1」にセットしたセグメントを相手に送ります。受信側は、通信できる状態であれば、同じく、SYNフラグを「1」にセットしたセグメントで応答します。もし、通信ができない状態であれば、RSTフラグを「1」にしたセグメントを返します。

このやりとりは、データを持たない、TCPヘッダだけのパケットがやり取りされます。

●通信の開始

双方が、「OK」した段階で、接続が確立されます。

 これで、お互いのセグメントを送受信するための伝送路が出来上がります。この伝送路を仮想回線(「Virtual Circuit)といいます。

 この回線は、通信が終了するか、何かの理由で遮断されるまで維持され、以降のパケットのやり取りに使用されます。

●仮想回線(Virtual Circuit)

TCPとUDPの特徴」 ← 前項 | 次項 → 「TCPの制御(データの送受信)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.