@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > IGRPとは

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆IGRPとは

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆IGRPとは

 IGRPは、Interior Gateway Routing Protocolの略で、Cisco Systems社によって1980年代半ばに開発されたルーティングプロトコルです。

 IGRPは、RIPと同様に、ディスタンスベクタ型のルーティングプロトコルです。経路情報を90秒ごとに交換しています。RIPでは、経路情報を30秒ごとに交換していましたが、IGRPでは、交換間隔が長いため回線の帯域消費量が小さくなりますが、コンバージェンス時間が長くなるという欠点があります。

 メトリックについては、RIPでは、メトリックはホップカウントのみでしたが、IGRPでは、「帯域幅」「遅延」「負荷」「信頼性」「MTU」の5つを使います。そのため、RIPよりも柔軟な経路選択を行うことが可能です。

メトリックの計算式は、以下になります。

メトリック=[K1×帯域幅 + (K2 × 帯域幅) ÷ (256 - 負荷) + (K3 × 遅延)] × [K5 ÷ (信頼度 + K4)]

係数であるK1〜K5のデフォルト値は

K1=1,K2=0,K3=1,K4=0,K5=0

になっているので

メトリック = 帯域幅 + 遅延

になります。

K4=0,K5=0の場合、[K5 ÷ (信頼度 + K4)]は、計算されないようになっています。

つまり、IGRPは、デフォルトで回線の帯域幅を見ます。この辺がRIPとの大きな違いになります。

 下の図の場合、Router_AからRouter_Eまでの経路は、RIPを使ったの場合とIGRP使った場合でどんな違いがあるのか。どういう経路を選択するか考えてみます。


 RIPは、メトリックとしてホップカウントしか見ません。Router_AからRouter_Eまでの経路は、ホップカウント数だけで考えると、下図のように上のルート経由した方が、ホップカウント数が少なくなります。

と言うことで、RIPは、回線の帯域幅が64Kbpsと狭くとも、下の赤線のように上のルートを選択してしますのです。

RIPによる選択経路は、以下のようになります。

Router_A → Router_B → Router_D

ホップカウント数だけでは、必ずしもベストパスならないということです。


 IGRPでは、メトリックとしてデフォルトで、「帯域幅+遅延」を考慮して経路を考えます。Router_AからRouter_Eまでの経路は、下図のように回線のスピードが速い下の経路が選択されます。

IGRPによる選択経路は、以下のようになります。

Router_A → Router_C → Router_D → Router_E


経由するルータの数は、多くなりますが、RIPと比べるとよりベターなルートが選出されることになります。


IGRPのルーティングタイマ

項目 デフォルト値
アップデートタイマ 90秒ごと
無効タイマ 270秒
ホールドダウンタイマ 280秒
フラッシュタイマ 630秒

タイマについて少し、おさらいをしておきます。

●アップデートタイマ

定期アップデートの間隔です。この間隔時間でルーティングアップデートを送信します。

●無効タイマ

 隣接ルータから最後のアップデートを受信してから、経路がダウンしたと判断する時間。ルーティングアップデートを受信してその経路情報が含まれている場合、タイマ値は、0にリセットされます。アップデートタイマの3倍の値になります。

●ホールドダウンタイマ

 ダウンしている経路を復活させないためのタイマ、ディスタンスベクタ型のルーティングプロトコルが、ルーティングループを回避するために持っています。定期アップデートを無効タイマ内に受信できなかった場合、その経路が到達不能になったと判断してホールドダウンタイマを起動させます。アップデートタイマの3倍の値に10を加えた値になります。

 ホールドダウンタイマ期間内では、アップデートを受信した、同じ近接ルータから再びアクセス可能だと知らされた場合と、以前よりよいルートが発見された場合、ホールドダウンタイマ値を0にリセットします。

●フラッシュタイマ

ルーティングテーブルから経路情報を削除するまでの時間。アップデートタイマの7倍の値になります。

IGRPのタイマ値を図で表すと下の図のようになります。



 RIPの場合、フラッシュタイマは、ホールドダウンタイマの途中で期限に到達してしまうので、ホールドダウンタイマの上限に達する前に経路情報は、破棄されるので注意して下さい。



次の「IGRPの設定例1」で実際にIGRPネットワークを構築してみます。

RIPv2(MD5認証)その2」 ← 前項 | 次項 → 「IGRPの設定例1





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.