@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > RIPとは

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆RIPとは

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆RIPとは

RIPとは、Routing Information Protocolの略で、最も古くから使われているルーティングプロトコルです。

 RIPの歴史は古く、現在のインターネットの前身であるARPANETの時代から存在しています。では、古いからといって現在、ほとんど使われていないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

 RIPは、古いルーティングプロトコルであるにもかかわらず、現在でも小規模なネットワークで、よく使用されています。それは、RIPは仕組みが単純で、実装が容易であることがその理由です。

 家庭用のブロードバンドルータでさえ、RIPが実装されています。RIPは、最も身近なルーティングプロトコルであると言えると思います。

※必ずRIPが実装されているとは限らないので注意

こんな、古いブロードバンドルータだって、ちゃんとRIPルーティングをサポートしています。


管理画面を確認するとちゃんとRIPの項目があります。


 このように、RIPは、非常に古いルーティングプロトコルであるにもかかわらず、現在でも広く使用されています。古いからといって、ないがしろにしておくことはできません。しっかりと仕組みを理解しておくことが大切です。

 RIPは、UNIXの「routed」というプログラムが基になっています。のちに、現在のRIP version1(RIPv1)となり、その後、RIPv1の制限を克服するために、RIPv2が開発されました。

RIPv1、RIPv2ともに、CCENT、CCNAなどのCisco認定試験では、必須のルーティングプロトコルです。

 RIPv2は、RIPv1をベースに拡張しているため、基本的には、RIPv1とほぼ同じ動作をします。RIPv2の説明の前に、ここでは、RIPv1の話を進めてゆきます。RIPv1とRIPv2の相違点については、RIPv1の説明と設定例の紹介の後で解説してゆきます。

ルートポイズニングとホールドダウンタイマ」 ← 前項 | 次項 → 「RIPの特徴





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.