@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > ダイナミックルーティングとは

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆ダイナミックルーティングとは

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆ダイナミックルーティングとは

ルーティングテーブルの生成と管理する方法は、大きく分けると2種類あります。

・スタティックルーティング
・ダイナミックルーティング

ここでは、動的にルーティングテーブルの維持と管理を行うダイナミックルーティングについて説明してゆきます。

 ダイナミックルーティングでは、他のルータとネットワーク経路に関する情報を交換し、共有することで、ルーティングテーブルを作成しています。

 この動作を行うのに使用されるプロトコルがルーティングプロトコルです。ルーティングプロトコルごとに、以下に示した内容が異なります。

・交換する情報
・情報を交換するルータの決定
・情報を交換するタイミングと間隔
・受け取った情報の処理方法
・ベストパスを決定する基準

 ルーティングプロトコルは様々な種類があり、ネットワークの規模や構成に応じて使い分けます。特長もルーティングプロトコルによって様々です。

 ルーティングプロトコルは、他のルータとネットワーク経路情報を交換することで、ネットワーク上の経路情報をかき集めます。

 かき集めた情報は、各ルーティングプロトコルごとに用意されるDBに蓄積してゆきます。その蓄積した情報の中から、各々のネットワークへのベストパス(最適経路)を選択してルーティングテーブルを作成します。

 ベストパスは、メトリックと呼ばれる数値を基準に求められます。このメトリックはルーティングプロトコルによって使用する値や算出方法が異なり、メトリックが小さい値ほど最適な経路とみなします。

 例えば、RIPの場合は、経由するルータの数(ホップ数)をメトリックとして使用しています。


 上の図の場合、上の経路では、メトリックが2、下の経路では、メトリックが3となり、上を通る経路がベストパスになります。

メトリックが同じ場合は、RIPやIGRP、EIGRPなどでは、等コストバランスに負荷分散が行われます。

デフォルトルートとは」 ← 前項 | 次項 → 「ルーティングプロトコルの種類





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.