@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > コンフィグレーションレジスタを変更する

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆コンフィグレーションレジスタを変更する

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆コンフィグレーションレジスタを変更する

 コンフィグレーションレジスタは、NVRAMに保存されるルータの起動に関わる大事な値です。この値は、主にトラブルシューティングを行う時に変更します。

●「config-register」コマンド

変更する際は、グローバルコンフィグレーションモードで以下のコマンドを入力することで変更します。

Rotuer(config)#config-register <値>

値に設定するコンフィグレーションレジスタの値は、16進数で表現し、値の先頭に「0x」を付けます。

コンフィグレーションレジスタについては、こちら「コンフィグレーションレジスタ」を参考にしてみて下さい。

●ROMモニタで起動する

例えば、ROMモニタで起動するように、コンフィグレーションレジスタの値を0x2100に変更してみます。

Rotuer(config)#config-register 0x2100

 コンフィグレーションレジスタの値は、「copy running-config startup-config」コマンドを実行しなくても、保存されるので、入力の際は、注意して下さい。

 コマンドを実行して、「show version」して確認するとコンフィグレーションレジスタの値が変更されているのが、分かります。

●実行のログ
Router#show version
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) C2600 Software (C2600-I-M), Version 12.0(14), RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1986-2000 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 31-Oct-00 21:51 by linda
Image text-base: 0x80008088, data-base: 0x80604088

ROM: System Bootstrap, Version 11.3(2)XA4, RELEASE SOFTWARE (fc1)

Router uptime is 19 minutes
System restarted by power-on
System image file is "flash:c2600-i-mz.120-14"

cisco 2611 (MPC860) processor (revision 0x202) with 26624K/6144K bytes of memory.
Processor board ID JAD04010K5T (2098511567)
M860 processor: part number 0, mask 49
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
2 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
32K bytes of non-volatile configuration memory.
8192K bytes of processor board System flash (Read/Write)

Configuration register is 0x2102 (will be 0x2100 at next reload)

上の赤く網掛けしているところに注目して下さい。

再起動後に、有効になるコンフィグレーションレジスタが表示されています。

●ROMモニタ上のコマンド

ROMモニタモードでコンフィグレーションレジスタの値を変更するには、以下のコマンドを使います。

Cisco1600,1700,2600 Cisco2500
rommon 1>confreg 0x2142 <Enter>
rommon 2>i <Enter>
rommon 1>o/r 0x2142 <Enter>
rommon 2>i <Enter>

ルータの機種によってコマンドが違うので注意して下さい。

ちなみに、再起動は、「 i 」コマンドで行います。

IOSモードの切り替え」 ← 前項 | 次項 → 「キープアライブを止める(no keepalive)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.