@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > 学習環境を整える(USBシリアル変換ケーブル)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆Ciscoルータのインタフェース

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆Ciscoルータのインタフェース

 Ciscoルータは、さまざまなインタフェースを持っています。どのケーブルをどのインタフェースに接続するのか、把握しておくことが重要です。

Cisco実機で学習するために必要なケーブルは揃えておきましょう!

●Ethernet・FastEthernet

Ethernet
FastEthernet


コネクタには、RJ-45コネクタを使い、UTPケーブルでLANに接続します。

●Serialコネクタ・ケーブル

DB-60 スマートシリアル

 通常は、WANに接続するインタフェースですが、実習を行う上では、Back to Back接続(ルータのシリアル同士を直接繋げる)する機会が多くなってくると思います。

 コネクタの形状に合わせて、Serialケーブルを選択するようになるのですが、まだまだ、スマートシリアル用のケーブルやモジュールは、DB-60と比べると、若干、高価です。ルータのインターフェースもケーブルもDB-60用で統一しておくと比較的安く実習環境が整います。

DB60用 スマートシリアル用

●Back to Back接続

 ケーブルには、『DTE』と『DCE』の2種類があります。Back to Back接続するためには、この2つのケーブルをジョイントして使います。下の図のようにDTEケーブル、DCEケーブルが1つになったBack to Back接続専用の値段が手頃な、ケーブルも存在します。

Back to Back Cross over cable

コネクタには、RJ-45コネクタを使い、UTPケーブルでLANに接続します。

●ISDN BRI

ISDN BRI

 最近では、あまり使われなくなりましたが、こちらもWAN接続するために使うポートです。ISDN(Integrated Services Digital Network:総合デジタル通信網)を使用したダイヤルアップ接続に使います。

※コネクタの形状がRJ-45でLANケーブルのコネクタと同じです。間違えて接続すると破損する恐れがあります。接続の際には注意して下さい。

●TOKEN RING

TOKEN RING

 最近では、使われることがめっぽう減ってしまいましたが、中古のCisco2513ルータを入手すれば、トークンリングを安価に体験することができます。

●AUX

AUX

AUXポート(Auxiliary Port:補助ポート)は、モデム経由でルータを設定を行いたい場合に使用します。

※コネクタの形状がRJ-45でLANケーブルのコネクタと同じです。間違えて接続すると破損する恐れがあります。接続の際には注意して下さい。

●Console Port(コンソールポート)

Console

 パソコンのシリアルコネクタに直接接続してルータを設定する際に使用するポートです。接続には、専用のコンソールケーブルで接続します。

コンソールケーブル

コンソールポートへの接続

※コネクタの形状がRJ-45でLANケーブルのコネクタと同じです。間違えて接続すると破損する恐れがあります。接続の際には注意して下さい。

学習環境を整える(USBシリアル変換)」 ← 前項 | 次項 → 「Ciscoルータ・スイッチのコンソール接続





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.