@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > MACアドレスは枯渇するのか

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆MACアドレスは枯渇するのか

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆MACアドレスは枯渇するのか

IPv4アドレスは、32ビットのため

 232 = 4,294,967,296


となり、約43億のIPアドレスしかありません。世界人口に対して不足しているのは明らかです。

 そのためIPv4では、サブネットマスク、VLSM、CIDR、プライベートIPアドレス、NATなど少ないIPアドレスを有効活用するための対策が施されています。

 それでも、IPアドレスの数が足りなくなることが近い将来、予測されるため、IPv6へ切り替える準備が進められています。

では、MACアドレスは、枯渇の心配をしなくてもよいのでしょうか?

 最近では、1人で複数のPCを所有するするのも珍しくありませし、家庭用ゲーム機、テレビなどの家電製品にもMACアドレスが付いています。身近な家電製品がネットワークに接続できるようになってきています。

つまり、MACアドレスが振られる機器が増えてきているのです。

MACアドレスは、48ビットです。

I/Gビット、U/Lビットが除いて46ビットが使えることになりますので

 246 = 70,368,744,177,664


約70兆のMACアドレスが、利用できることになります。

 IPv4のIPアドレスは、32ビットで約43億個ですから、MACアドレスは、IPアドレスの約1万6,000倍のアドレスを持つことになります。

 仮に、世界人口を70億と見積もって、1人当たりの取得できるMACアドレスを計算してみても、1人1万台のMACアドレスが取得できることになります。

MACアドレスに関しては、当分の間、枯渇の心配をする必要がなさそうです。

 仮に、MACアドレスが枯渇するような状況になったとしても、MACアドレスは、データリンク層のアドレスで、セグメント内で重複しなければよいのですから、確率的にあまり心配しなくてもよさそうですし、仮に重複した場合は、MACアドレスを、書き換えれば済みそうですね。

では、機器を製造するベンダー側にとってMACアドレスは、十分足りるのでしょうか?

ベンダー識別子(OUI) 各ベンダーが管理するアドレス
第1オクテット 第2オクテット 第3オクテット 第4オクテット 第5オクテット 第6オクテット

各ベンダーが管理できるアドレス数は、1つのOUIに付き24ビットです。

 224 = 16,777,216

つまり、1つのOUIに付き、約1,600万個のアドレスしか使えない計算になります。

この数は、一見、十分足りそうな数値に思えるかもしれません。

 しかし、世界的に爆発的に売れている「Nintendo DS」例に挙げると、日本国内だけで、販売台数が、2,000万台を突破(2007年11月時点)しています。

つまり、MACアドレスが1,600万個では、不足するわけです。

ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト

そこで、ベンダーは、OUI割り当ての申請をして、複数のOUIを取得しています。

次の「MACアドレス(ベンダー識別子:OUI)」では、OUIからOUIを管理する組織を検索する方法を紹介します。

MACアドレスを変更する」 ← 前項 | 次項 → 「MACアドレス(ベンダー識別子:OUI)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.