@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > マルチキャストアドレスIPアドレス

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆マルチキャストアドレスIPアドレス

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆マルチキャストアドレスIPアドレス

 マルチキャストアドレスは、クラスAからクラスCまでのいずれのアドレスクラスにも該当しない特殊なクラスです。特定のグループに対してのみ、データを転送するための専用のアドレスです。このアドレスは、宛先アドレスとしてのみ使用されます。送信元アドレスは、常にユニキャストが使用されます。

 マルチキャストアドレスは、最初の4ビットが識別のために、「1110」とすることが決められていて、ホストアドレス部分はありません。「1110」から後の28ビットは、マルチキャストのグループを識別するマルチキャストグループIDとして使用されます。


 マルチキャストアドレスは、「1110」から始まるため「224.0.0.0 〜 239.255.255.255」を使用することになります。 マルチキャスト通信は、音声や映像データの一斉放送するマルチメディアアプリケーションなどで使用されます。また、ルーティングプロトコルがお互いに経路情報を交換する際にも使用されます。

 マルチキャストアドレスの割り当ては、IANAによって管理されています。主なWell-Knownマルチキャストアドレスには、以下のものがあります。

マルチキャストアドレス 対象
224.0.0.1 サブネット上の全てのホスト
224.0.0.2 サブネット上の全てのルータ
224.0.0.4 全てのDBMRPルータ
224.0.0.5 全てのOSPFルータ
224.0.0.6 全てのOSPFルータ DR
224.0.0.9 全てのRIPv2ルータ
224.0.0.10 全てのEIGRPルータ
224.0.0.13 全てのPIMルータ
224.0.1.1 NTP

CIDR(クラスフルルーティングの問題点)」 ← 前項 | 次項 → 「マルチキャストMACアドレス





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.