@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > サブネットマスクの注意点

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆サブネットマスクの注意点

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆サブネットマスクの注意点

 「サブネットマスクとルート集約」では、ルート集約を行うことで、ルータの扱う経路情報の数が減り、ルーティングテーブルのサイズが小さくなり、効率よくルーティングが行えると説明しました。

しかし、下の図のネットワーク構成を見て下さい。


ルータBが、サブネット「150.10.1.0/24」を「150.10.0.0/16」でルータA報告しています。
ルータCが、サブネット「150.10.2.0/24」を「150.10.0.0/16」でルータA報告しています。

 その結果、ルータAは、「150.10.0.0」ネットワーク宛のパケットを受信した場合、ルータB、ルータCのどちらに転送してよいか分からなくなってしまいます。

なぜうまく機能しなくなったのでしょうか?

ルーティングが機能しなくなった原因は、ルータB、ルータCが「150.10.0.0/16」の経路情報を報告したからです。

 これは、同じネットワークアドレスが複数存在していることになります。IPアドレスは1つという原則に反しています。そのため、ルータAはどちらにパケットを送ればよいのか判断できなくなったのです。

このようにサブネット分割する際は、ルーティングがうまく機能しなくなる恐れがあります。

 ルーティングプロトコルを使用して、ルーティングを行わせる場合、サブネットを使ったネットワークでもうまく機能する場合もありますが、ルーティングプロトコル自身がルート集約を自動で行い間違ったルートを報告してしまう場合もあります。

 その場合、ルーティングプロトコルの設定で自動集約の機能をOFFにしたり、手動で報告するルートを設定するようになります。

サブネットマスクとルート集約」 ← 前項 | 次項 → 「ブロードキャストアドレスの用途





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.