@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > サブネットマスクの利点

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆サブネットマスクの利点

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆サブネットマスクの利点

 サブネットマスクを使用することによって、サブネット分割を行うことが可能になり、ネットワークの規模に合わせたサブネットを作成することで、効率よくネットワークを運用することが可能となります。

下の図のネットワークでその利点を説明します。


IPアドレスの各クラスのデフォルトのサブネットマスクは、以下のようになります。

クラスA ・・・ 255.0.0.0
クラスB ・・・ 255.255.0.0
クラスC ・・・ 255.255.255.0

ということは、デフォルトで使用できる各クラスのホストのIPアドレスは、以下のようになります。

クラスA ・・・ 224 - 2 = 16,777,214

クラスB ・・・ 216 -2 = 65,534

クラスC ・・・ 28 - 2 = 254

 上の図では、クラスBのIPアドレスを使用しています。デフォルトのサブネットマスクのままでは、65,534台の大規模なネットワークになってしまいます。そんなネットワークは、世界中を探しても多くないと思われますし、1つのセグメント内にそんなにたくさんの端末が存在すると輻輳が発生してしまいます。

 上のネットワークでは、「/16」から「/24]へ8ビット拡張することでクラスBのIPアドレスを、あたかもクラスCのIPアドレスであるかのように利用しています。

デフォルトゲートウェイとは」 ← 前項 | 次項 → 「サブネットマスクとルート集約





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.