@network Cisco・アライド実機で学ぶ > アライドテレシス実機で学ぶ > VRRPを設定する(その3)

 Amazon

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆VRRPを設定する(その3)
※動作確認は、CentreCOM8624XLでのみ行っております。他のアライド製品においても類似点が多いと思うので参考になると思います。詳細についてはアライドテレシスのサイトで、ご確認下さい。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆VRRPを設定する(その3)

VRRPとは
VRRPを設定する(その1)
VRRPを設定する(その2)

の続きです。

 「VRRPを設定する(その2)」では、インタフェースに障害が起こっても、バックアップルータが、マスタルータの役割を引き継ぎませんでした。

 VRRPでは、インタフェースに障害が起こった場合に、その状態を検知して、マスタルータの役割を、バックアップルータに引き継がせる設定が必須になってきます。

この機能は、「ADD VRRP MONITOREDINTERFACE」コマンドで設定します。

コマンドを少しおさらいしておきましょう。


ADD VRRP=vr-identifier MONITOREDINTERFACE=vlan-if [NEWPRIORITY=1..254]

vr-identifier: バーチャルルーターID(VRID。1〜255)
vlan-if: VLANインターフェース(VLAN-nameかVLANvidの形式。nameはVLAN名、vidはVLAN ID)

 を監視対象インターフェースを指定します。監視対象のVLANインターフェースがダウンすると、バーチャルルーターの優先度が引き下げられます。監視対象インターフェースが再びアップしたときは、優先度も元の値に復帰します。

 1つのバーチャルルーターに対して複数の監視インターフェースが設定し、複数のインターフェースが同時にダウンした場合は、最も小さいNEWPRIORITY値が採用されます。


 構築するネットワークは、先程と同じく下の図になります。VRRPは、PRIORITY(プライオリティ)値の高い方がマスタルータになります。ネットワークが正常時には、SW2がマスタルータとなり、障害時には、SW3がマスタルータになるようにプライオリティを以下の表のように設定します。プライオリティ値のデフォルトの値は、100です。

VLAN10側
(正常時)
 VLAN20側
(正常時)
VLAN10側
(障害時)
VLAN20側
(障害時)
SW2のプライオリティ 200 200 95 95
SW3のプライオリティ 100 100 100 100


クライアントのデフォルトゲートウェイの設定は、仮想IPアドレスを指定します。

PC1のデフォルトゲートウェイ : 192.168.10.254
PC2のデフォルトゲートウェイ : 192.168.20.254


SW2側では、障害時にマスタルータをバックアップルータに引き継がせるように以下の設定を行います。

●VLAN10側の仮想ルータの設定

add vrrp=10 monitoredinterface=vlan20 newpriority=95

SW2のVLAN20インタフェースに障害が発生したら、VLAN10側のプライオリティを95に引き下げます。

●VLAN20側の仮想ルータの設定

add vrrp=20 monitoredinterface=vlan10 newpriority=95

SW2のVLAN10インタフェースに障害が発生したら、VLAN20側のプライオリティを95に引き下げます。


●SW1のコンフィグ
create vlan=vlan10 vid=10
add vlan=vlan10 port=1-8

enable ip
add ip int=vlan10 ip=192.168.10.251 mask=255.255.255.0

add ip route=0.0.0.0 int=vlan10 nexthop=192.168.10.254

●SW2のコンフィグ
create vlan=vlan10 vid=10
create vlan=vlan20 vid=20

add vlan=vlan10 port=2,4,6,8
add vlan=vlan20 port=1,3,5,7

enable ip
add ip int=vlan10 ip=192.168.10.252 mask=255.255.255.0
add ip int=vlan20 ip=192.168.20.252 mask=255.255.255.0

enable vrrp
create vrrp=10 over=vlan10 ip=192.168.10.254 priority=200
create vrrp=20 over=vlan20 ip=192.168.20.254 priority=200


add vrrp=10 monitoredinterface=vlan20 newpriority=95
add vrrp=20 monitoredinterface=vlan10 newpriority=95

●SW3のコンフィグ
create vlan=vlan10 vid=10
create vlan=vlan20 vid=20

add vlan=vlan10 port=2,4,6,8
add vlan=vlan20 port=1,3,5,7

enable ip
add ip int=vlan10 ip=192.168.10.253 mask=255.255.255.0
add ip int=vlan20 ip=192.168.20.253 mask=255.255.255.0

enable vrrp
create vrrp=10 over=vlan10 ip=192.168.10.254 priority=100
create vrrp=20 over=vlan20 ip=192.168.20.254 priority=100

●SW4のコンフィグ
create vlan=vlan20 vid=20
add vlan=vlan20 port=1-8

enable ip
add ip int=vlan20 ip=192.168.20.251 mask=255.255.255.0

add ip route=0.0.0.0 int=vlan20 nexthop=192.168.20.254


下の図のように、SW2-SW4間のケーブルを抜いて障害を発生させてみましょう。今度は、どうでしょうか?


PC1からPC2へのPingが届くはずです。

SW2、SW3で「SHOW VRRP」コマンドの出力内容を確認してみましょう!

●SW2の「SHOW VRRP」の出力
Manager > show vrrp

--------------------------------------------------------------------------------
Virtual Router Identifier ............. 10

  Configuration:
    VR MAC Address .................... 00-00-5e-00-01-0a
    Interface ......................... vlan10
    Priority .......................... 95
    State ............................. BACKUP
    Authentication .................... None
    Password .......................... NOT SET
    IP Address(es)
    ................................... 192.168.10.254
    Advertisement Interval ............ 1
    Preempt Mode ...................... ON
    Monitored Interfaces:
    Interface ......................... vlan20 (Down)
        New Priority .................. 95

  Triggers:
    Up Master Trigger ID .............. 0
    Down Master Trigger ID ............ 0

  Counters:
    Good Advertisements Received ...... 112
    Bad Advertisements Received ....... 0
    Master Periods .................... 1
    Advertisements Sent ............... 3930
    Up Master Trigger Activations ..... 0
    Down Master Trigger Activations ... 0
--------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------
Virtual Router Identifier ............. 20

  Configuration:
    VR MAC Address .................... 00-00-5e-00-01-14
    Interface ......................... vlan20
    Priority .......................... 200
    State ............................. MASTER
    Authentication .................... None
    Password .......................... NOT SET
    IP Address(es)
    ................................... 192.168.20.254
    Advertisement Interval ............ 1
    Preempt Mode ...................... ON
    Monitored Interfaces:
    Interface ......................... vlan10 (Up)
        New Priority .................. 95

  Triggers:
    Up Master Trigger ID .............. 0
    Down Master Trigger ID ............ 0

  Counters:
    Good Advertisements Received ...... 1
    Bad Advertisements Received ....... 0
    Master Periods .................... 1
    Advertisements Sent ............... 4029
    Up Master Trigger Activations ..... 0
    Down Master Trigger Activations ... 0
--------------------------------------------------------------------------------

 仮想ルータ20(グループ10)側が、マスタルータになったままですが、問題ありません。これは、バックアップルータと同期が取れなくなってしまって、いまだに自分自身が、マスタルータだと思い込んでいるからです。SW2-SW4間は、断線していますから、マスタルータだと勘違いしていても問題ないのです。

●SW3の「SHOW VRRP」の出力
Manager > show vrrp

--------------------------------------------------------------------------------
Virtual Router Identifier ............. 10

  Configuration:
    VR MAC Address .................... 00-00-5e-00-01-0a
    Interface ......................... vlan10
    Priority .......................... 100
    State ............................. MASTER
    Authentication .................... None
    Password .......................... NOT SET
    IP Address(es)
    ................................... 192.168.10.254
    Advertisement Interval ............ 1
    Preempt Mode ...................... ON
    Monitored Interfaces:
    ................................... None

  Triggers:
    Up Master Trigger ID .............. 0
    Down Master Trigger ID ............ 0

  Counters:
    Good Advertisements Received ...... 3906
    Bad Advertisements Received ....... 0
    Master Periods .................... 1
    Advertisements Sent ............... 185
    Up Master Trigger Activations ..... 0
    Down Master Trigger Activations ... 0
--------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------
Virtual Router Identifier ............. 20

  Configuration:
    VR MAC Address .................... 00-00-5e-00-01-14
    Interface ......................... vlan20
    Priority .......................... 100
    State ............................. MASTER
    Authentication .................... None
    Password .......................... NOT SET
    IP Address(es)
    ................................... 192.168.20.254
    Advertisement Interval ............ 1
    Preempt Mode ...................... ON
    Monitored Interfaces:
    ................................... None

  Triggers:
    Up Master Trigger ID .............. 0
    Down Master Trigger ID ............ 0

  Counters:
    Good Advertisements Received ...... 408
    Bad Advertisements Received ....... 0
    Master Periods .................... 2
    Advertisements Sent ............... 3510
    Up Master Trigger Activations ..... 0
    Down Master Trigger Activations ... 0
--------------------------------------------------------------------------------


SW3が、バックアップルータから、マスタルータに移行しています。

 このように、VRRPは、デフォルトゲートウェイを自動的に切り替える仕組みを提供しています。ネットワークの冗長化には、欠かせないプロトコルです。テクニカルエンジニア ネットワーク試験の午後でも度々、取り上げられている重要なプロトコルの一つです。その動作の仕組みについて理解しておきましょう。



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)
<関連コンテンツ>
VRRPとは
VRRPを設定する(その1)
VRRPを設定する(その2)
VRRPを設定する(その3)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.