@network Cisco・アライド実機で学ぶ > アライドテレシス実機で学ぶ > VLAN間通信(その2)

 Amazon

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆VLAN間通信(その2)
※動作確認は、CentreCOM8624XLでのみ行っております。他のアライド製品においても類似点が多いと思うので参考になると思います。詳細についてはアライドテレシスのサイトで、ご確認下さい。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆VLAN間通信(その2)

 先ほどの「VLAN間通信(その1)」では、レイヤ3スイッチが1台の時の設定例を紹介しました。今度は、レイヤ3スイッチをカスケード接続した際の構築例を紹介します。

VLAN10、VLAN20、VLAN30間で通信できるようにします。


VLAN10: 192.168.10.0/24
VLAN20: 192.168.20.0/24
VLAN30: 192.168.30.0/24


 先ほどの「VLAN間通信(その1)」でお分かりいただけたと思いますが、IPモジュールを有効にするだけでVLAN間通信を行うことができます。

 しかし、今回はどうでしょう。IPモジュールを有効にしただけでは、スイッチA上に接続する端末から、スイッチBのVLAN30に所属する端末への通信ができません。

 それは、スイッチA上では、VLAN30が直接接続がされていないからです。直接接続(コネクテッド)は、ルートを設定しなくとも自動的にルートが生成されますが、直接接続でないネットワークに関しては、スタティックルートの設定が必要になります。


●スタティックルートを追加するコマンド

ADD IP ROUTE=ipadd INTERFACE=vlan-if NEXTHOP=ipadd [MASK=ipadd] [METRIC=1..16] [METRIC1=1..16] [METRIC2=1..65535] [POLICY=0..7] [PREFERENCE=0..65535]

ipadd: IPアドレスまたはネットマスク
vlan-if: VLANインターフェース(VLAN-nameかVLANvidの形式。nameはVLAN名、vidはVLAN ID)

●スイッチAのコンフィグ
Manager > create vlan=vlan10 vid=10
Manager > create vlan=vlan20 vid=20

Manager > add vlan=vlan10 port=1 frame=tagged Manager > add vlan=vlan20 port=1 frame=tagged Manager > add vlan=vlan10 port=3,4 Manager > add vlan=vlan20 port=5,6 Manager > enable ip Manager > add ip int=vlan10 ip=192.168.10.254 mask=255.255.255.0 Manager > add ip int=vlan20 ip=192.168.20.254 mask=255.255.255.0 Manager > add ip route=192.168.30.0 interface=vlan10 nexthop=192.168.10.253 mask =255.255.255.0

●スイッチA側の端末設定

・VLAN10に所属する端末のデフォルトゲートウェイ ・・・ 192.168.10.254
・VLAN20に所属する端末のデフォルトゲートウェイ ・・・ 192.168.20.254



●スイッチBのコンフィグ
Manager > create vlan=vlan10 vid=10
Manager > create vlan=vlan20 vid=20
Manager > create vlan=vlan30 vid=30
Manager > add vlan=vlan10 port=1 frame=tagged Manager > add vlan=vlan20 port=1 frame=tagged Manager > add vlan=vlan10 port=3,4 Manager > add vlan=vlan20 port=5,6 Manager > add vlan=vlan30 port=7,8 Manager > enable ip Manager > add ip int=vlan10 ip=192.168.10.253 mask=255.255.255.0 Manager > add ip int=vlan20 ip=192.168.20.253 mask=255.255.255.0 Manager > add ip int=vlan30 ip=192.168.30.253 mask=255.255.255.0

●スイッチB側の端末設定

・VLAN10に所属する端末のデフォルトゲートウェイ ・・・ 192.168.10.253
・VLAN20に所属する端末のデフォルトゲートウェイ ・・・ 192.168.20.253
・VLAN30に所属する端末のデフォルトゲートウェイ ・・・ 192.168.20.253


スイッチA、スイッチBのルーティングテーブルを見てみましょう!

●スイッチAのルーティングテーブル
Manager > show ip route

IP Routes
-------------------------------------------------------------------------------
Destination       Mask              NextHop             Interface           Age
DLCI/Circ.        Type     Policy   Protocol            Metrics      Preference
-------------------------------------------------------------------------------
192.168.10.0      255.255.255.0     0.0.0.0             vlan10             1364
-                 direct   0        interface           1                     0
192.168.20.0      255.255.255.0     0.0.0.0             vlan20             1350
-                 direct   0        interface           1                     0
192.168.30.0      255.255.255.0     192.168.10.253      vlan10             1305
-                 direct   0        static              1                    60
-------------------------------------------------------------------------------

 スタティックルートができているのがわかると思います。上の黄色の部分が、スタティックルートです。Protocolのところが、staticと表示されています。

 スイッチAに直接接続していないVLAN30に関しては、スタティックルートの設定を行わない限り、スイッチAに接続する端末からスイッチB上のVLAN30に接続できません。VLAN30のネットワークへ通信する際は、この黄色のルートを使ってルーティングするのです。

●スイッチBのルーティングテーブル
Manager > show ip route

IP Routes
-------------------------------------------------------------------------------
Destination       Mask              NextHop             Interface           Age
DLCI/Circ.        Type     Policy   Protocol            Metrics      Preference
-------------------------------------------------------------------------------
192.168.10.0      255.255.255.0     0.0.0.0             vlan10             3069
-                 direct   0        interface           1                     0
192.168.20.0      255.255.255.0     0.0.0.0             vlan20             3063
-                 direct   0        interface           1                     0
192.168.30.0      255.255.255.0     0.0.0.0             vlan30             3056
-                 direct   0        interface           1                     0
-------------------------------------------------------------------------------


この例では、VLAN30へのスタティックルートを、

add ip route=192.168.30.0 interface=vlan10 nexthop=192.168.10.253 mask =255.255.255.0

とVLAN10を経由してルーティングするようにしましたが、VLAN20を経由してルーティングすることも可能です。

その際は、

add ip route=192.168.30.0 interface=vlan20 nexthop=192.168.20.253 mask =255.255.255.0

と指定します。

 スタティックルートを削除するには、「ADD」を「DELETE」に変えるだけなのですが、途中で省略はできません。ROUTEからMASKまでの全てを入力しないと削除できないので注意して下さい。

ちなみに、コピーアンドペーストすれば簡単です!

●スタティックルートの削除
Manager > delete ip route=192.168.30.0 interface=vlan10 nexthop=192.168.10.253

Error (305257): Must specify INTERFACE, NEXTHOP and MASK. ← エラー

Manager > delete ip route=192.168.30.0 interface=vlan10 nexthop=192.168.10.253 ma
sk=255.255.255.0
Info (105272): IP route successfully deleted.



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)
<関連コンテンツ>
VLANとは
ポートベースVLAN
ポートベースVLAN(カスケード接続)
ポートベースVLAN
ポートベースVLAN(カスケード接続)
タグVLAN
VLAN間通信(その1)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.