@network Cisco・アライド実機で学ぶ > アライドテレシス実機で学ぶ > STP(スパニングツリープロトコル_その2)

 Amazon

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆STP(スパニングツリープロトコル_その2)
※動作確認は、CentreCOM8624XLでのみ行っております。他のアライド製品においても類似点が多いと思うので参考になると思います。詳細についてはアライドテレシスのサイトで、ご確認下さい。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆STP(スパニングツリープロトコル_その2)

STP(スパニングツリープロトコル_その1)

の続きです。

 それでは、スパニングツリーを、とりあえず、体験してみるために、スイッチ2台による簡単なネットワークを構築してみましょう。


 見てお分かりのとおり、上の図では、ループ構成になっています。STPの設定が完了するまでは、ループ構成にならないように、SW1のポート4のケーブルを抜いておくなどしてループにならないようにしておいて下さい。

STPの設定には、次のコマンドを使います。


●STPを設定するコマンド

ENABLE STP{=stpname|ALL}

stpname: STPドメイン名(1〜15文字。英数字とアンダースコア(_)、ハイフンを使用可能。大文字小文字を区別しない)

STPドメイン、あるいは、スイッチ全体でスパニングツリープロトコルを有効にする。デフォルトはどちらも無効。


SET STP={stpname|ALL} [FORWARDDELAY=4..30] [HELLOTIME=1..10] [MAXAGE=6..40] [PRIORITY=0..65535] [DEFAULT]

stpname: STPドメイン名(1〜15文字。英数字とアンダースコア(_)、ハイフンを使用可能。大文字小文字を区別しない)

STP: STPドメイン名。ALLを指定した場合はすべてのSTPドメインが対象となる。

FORWARDDELAY: フォワードディレイタイム。ネットワーク構成の変更後に、ルートブリッジ内のポートがリスニングからラーニング、ラーニングからフォワーディング状態に遷移するまでの時間(秒)を示す。デフォルトは15秒。

HELLOTIME: ハロータイム。ルートブリッジがBPDU(Bridge Protocol Data Unit)を送信する間隔(秒)。デフォルトは2秒。

MAXAGE: 最大エージタイム。ルートブリッジからBPDUが届かなくなったことを認識するまでの時間(秒)。この時間内にBPDUを受信できなかった場合、STPD内の各ブリッジはスパニングツリーの再構成を開始する。2×(HELLOTIME + 1) 以上、かつ、2× (FORWARDDELAY - 1) 以下でなくてはならない。デフォルトは20秒。

PRIORITY: ブリッジプライオリティー。小さいほど優先度が高く、ルートブリッジになる可能性が高くなる。デフォルトは32768。

DEFAULT: 各パラメーターをデフォルト値に戻したいときに指定する。FORWARDDELAY、HELLOTIME、MAXAGE、PRIORITYパラメーターと同時に指定することはできない。


「default」以外のSTP名を利用して、VLANをそのグループに含めるには以下のコマンドを使用します。

CREATE STP=stpname

stpname: STPドメイン名(1〜15文字。英数字とアンダースコア(_)、ハイフンを使用可能。大文字小文字を区別しない)


ユーザー定義のSTPドメインにVLANを所属させるコマンド

ADD STP=stpname VLAN={vlanname|2..4094}

stpname: STPドメイン名(1〜15文字。英数字とアンダースコア(_)、ハイフンを使用可能。大文字小文字を区別しない)
vlanname: VLAN名(1〜15文字。英数字とアンダースコア(_)、ハイフンを使用可能。ただし、先頭は数字以外。大文字小文字を区別しない)



 今回は、ユーザ定義のSTPドメインを作成しないで、デフォルトで作成されている「default」を利用して、STPの設定を行います。

設定は、簡単です。

●SW1のコンフィグ
Manager > enable stp=default

●SW2のコンフィグ
Manager > enable stp=default


設定が完了したら、ケーブルを接続して、ループ構成にします。


 これで、スパニングツリーの設定は、終わりですが、STPを動作させる必要がないPC端末等を接続するポート上でSTPを止めたい場合は、次のコマンドを適用させてます。


DISABLE STP PORT={port-list|ALL}

port-list: スイッチポート番号(1〜。ハイフン、カンマを使った複数指定も可能)

指定ポートでスパニングツリープロトコルを無効にする。

無効にしたポートはスパニングツリーでいうディセーブル状態となり、同ポートではSTPパケットの送受信が行われなくなる。


それでは、各スイッチを確認してゆきましょう。

●SW1のログ
Manager > show stp

 STP Information
---------------------------------------------------------------------------
 Name .................. default
 VLAN members .......... default (1)
 Status ................ ON
 Number of Ports ....... 24
   Number Enabled ...... 24
   Number Disabled ..... 0
 Bridge Identifier ..... 32768 : 00-90-99-94-53-40
 Designated Root ....... 32768 : 00-90-99-94-30-c0
 Root Port ............. 2
 Root Path Cost ........ 19
 Max Age ............... 20
 Hello Time ............ 2
 Forward Delay ......... 15
 Switch Max Age ........ 20
 Switch Hello Time ..... 2
 Switch Forward Delay .. 15
 Hold Time ............. 1

---------------------------------------------------------------------------

Manager > show stp port=2

 STP Port Information
---------------------------------------------------------------------------
 Port .................... 2
   State ................. Forwarding
   STP ................... default
   STP Status ............ ON
   Port Priority ......... 128
   Port Identifier ....... 8002
   Pathcost .............. 19
   Designated Root ....... 32768 : 00-90-99-94-30-c0
   Designated Cost ....... 0
   Designated Bridge ..... 32768 : 00-90-99-94-30-c0
   Designated Port ....... 8001

---------------------------------------------------------------------------

Manager > show stp port=4

 STP Port Information
---------------------------------------------------------------------------
 Port .................... 4
   State ................. Blocking
   STP ................... default
   STP Status ............ ON
   Port Priority ......... 128
   Port Identifier ....... 8004
   Pathcost .............. 19
   Designated Root ....... 32768 : 00-90-99-94-30-c0
   Designated Cost ....... 0
   Designated Bridge ..... 32768 : 00-90-99-94-30-c0
   Designated Port ....... 8003

---------------------------------------------------------------------------


●SW2のログ
Manager > show stp

 STP Information
---------------------------------------------------------------------------
 Name .................. default
 VLAN members .......... default (1)
 Status ................ ON
 Number of Ports ....... 24
   Number Enabled ...... 24
   Number Disabled ..... 0
 Bridge Identifier ..... 32768 : 00-90-99-94-30-c0
 Designated Root ....... 32768 : 00-90-99-94-30-c0
 Root Port ............. (n/a)
 Root Path Cost ........ 0
 Max Age ............... 20
 Hello Time ............ 2
 Forward Delay ......... 15
 Switch Max Age ........ 20
 Switch Hello Time ..... 2
 Switch Forward Delay .. 15
 Hold Time ............. 1

---------------------------------------------------------------------------

Manager > show stp port=1

 STP Port Information
---------------------------------------------------------------------------
 Port .................... 1
   State ................. Forwarding
   STP ................... default
   STP Status ............ ON
   Port Priority ......... 128
   Port Identifier ....... 8001
   Pathcost .............. 19
   Designated Root ....... 32768 : 00-90-99-94-30-c0
   Designated Cost ....... 0
   Designated Bridge ..... 32768 : 00-90-99-94-30-c0
   Designated Port ....... 8001

---------------------------------------------------------------------------

Manager > show stp port=3

 STP Port Information
---------------------------------------------------------------------------
 Port .................... 3
   State ................. Forwarding
   STP ................... default
   STP Status ............ ON
   Port Priority ......... 128
   Port Identifier ....... 8003
   Pathcost .............. 19
   Designated Root ....... 32768 : 00-90-99-94-30-c0
   Designated Cost ....... 0
   Designated Bridge ..... 32768 : 00-90-99-94-30-c0
   Designated Port ....... 8003

---------------------------------------------------------------------------

スイッチのログを確認してみると、下の図のようになっているのがわかります。


 ルートブリッジになるのは、SW2です。今回は、プライオリティの設定をしなかったので、SW1、SW2共にプライオリティの値は、デフォルトの32,768で同じ値になっています。

ここで、最小のBID値を持つブリッジがルートブリッジとして選出されるということを思い出して下さい。

BID = プライオリティ + MACアドレス

 プライオリティが同じ場合は、MACアドレスが小さい方が、BIDの値が小さくなります。と言うことで、MACアドレスの小さいSW2がルートブリッジになります。



 これで、スイッチ2台による簡単なスパニングツリーのネットワーク構成の検証は、終わります。次に、スイッチ3台でトライアングル構成にした場合を例に、プライオリティやコストがどのように、影響してくるのかを検証してゆきます。

続きは、「STP(ブリッジプライオリティ_その3)」で紹介します。



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)
<関連コンテンツ>
STP(スパニングツリープロトコル_その1)
STP(スパニングツリープロトコル_その2)
STP(ブリッジプライオリティ_その3)
STPを使用したVLAN構成例
マルチプルSTPドメイン
STPを使用したVLAN構成例

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.