@network Cisco・アライド実機で学ぶ > アライドテレシス実機で学ぶ > RIP Version2

 Amazon

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆RIP Version2
※動作確認は、CentreCOM8624XLでのみ行っております。他のアライド製品においても類似点が多いと思うので参考になると思います。詳細についてはアライドテレシスのサイトで、ご確認下さい。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆RIP Version2

 「RIP Version1」については、「RIP Version1」でネットワーク構築したように、設定がとってもシンプルです。古くからあり、馴染みぶかいこのルーティングプロトコルは、手軽に利用できることから、ブロードバンドルータをはじめとする多くのルータがサポートしています。

 小規模ネットワークを構築するのに重宝するルーティングプロトコルです。以下、「RIP Version1」を「RIP V1」と呼ぶことにします。

手軽に利用できるこの「RIP V1」ですが、欠点がいくつかあります。

●「RIP V1」の欠点

・宛先ネットワークがクラスA,B,Cに基づくマスクしか利用できない。

 これは、クラスフルアドレスしか利用できないことを意味します。サブネットでもルーティングできますが、不連続サブネット環境では、ルーティングできません。「RIP V1」には、サブネットマスクの概念がありません。

・アップデートをブロードキャスト(255.255.255.255)で送信する。


RIPには、2つのバージョンがあります。「RIP V1」とその改良版の「RIP V2」があります。

「RIP V2」では、以下の点が改良されています。

●「RIP V2」の改良点

・サブネットマスクを扱える(VLSMをサポート)
・ブロードキャストではなくマルチキャスト(224.0.0.9)でアップデートを送信する。
・認証機能がある。平文、MD5などがある。



「RIP V2」の設定も非常にシンプルです。

Ciscoルータの場合

Router(config)#router rip
Router(config-router)#version 2
ROuter(config-router)#network <ネットワークアドレス>

と「RIP V1」の設定に「version 2」コマンドを追加するだけで設定可能です。

では、先程の「RIP Version2」で使用したネットワークを「RIP V2」で構築してみましょう。


 「RIP V2」では、SEND、RECEIVEパラメーターを指定します。RECEIVEについては、デフォルトの設定は、BOTHになっているのでVersion1、2ともに受信するので、省略可能です。

設定例)
ADD IP RIP INT=VLAN10 SEND=RIP2


●インターネットへのルートについて

 インターネットへの経路としてデフォルトルートを指定します。デフォルトルートの指定は、宛先ネットワークの指定を「0.0.0.0」で指定します。

ADD IP ROUTE=0.0.0.0 INT=vlan-default NEXTHOP=192.168.1.254


●ブロードバンドルータの設定について

 インターネットの接続点となるルータは、ブロードバンドルータで代用します。RIPの歴史は古く伝統的なルーティングプロトコルです。多くのブロードバンドルータでは、「RIP V1」をサポートしていますが、中には、「RIP V2」をサポートしている製品もあります。お持ちのブロードバンドルータが「RIP V2」をサポートしているか確認してみましょう。ここでは、ブロードバンドルータに、「RIP V2」の設定をしてみます。

下の図は、ブロードバンドルータに、「RIP V2」を設定した例です。





●SW1のコンフィグ
create vlan=vlan10 vid=10
create vlan=vlan20 vid=20

add vlan=vlan10 port=1-8
add vlan=vlan20 port=22,24

enable ip
add ip int=vlan-default ip=192.168.1.253 mask=255.255.255.0
add ip int=vlan10 ip=192.168.10.254 mask=255.255.255.0
add ip int=vlan20 ip=192.168.20.254 mask=255.255.255.0

add ip rip int=vlan-default send=rip2
add ip rip int=vlan20 send=rip2

add ip route=0.0.0.0 int=vlan-default nexthop=192.168.1.254

●SW2のコンフィグ
create vlan=vlan20 vid=20
create vlan=vlan30 vid=30

add vlan=vlan20 port=1,3
add vlan=vlan30 port=17-24

enable ip
add ip int=vlan20 ip=192.168.20.253 mask=255.255.255.0
add ip int=vlan30 ip=192.168.30.254 mask=255.255.255.0

add ip rip int=vlan20 send=rip2

add ip route=0.0.0.0 int=vlan20 nexthop=192.168.20.254


 設定ができたところで、「RIP V2」で経路情報がやり取りされているかどうか、ルーティングテーブルを表示して確認してみましょう!


●スイッチ1の「show ip route」のログ
Manager > show ip route

IP Routes
-------------------------------------------------------------------------------
Destination       Mask              NextHop             Interface           Age
DLCI/Circ.        Type     Policy   Protocol            Metrics      Preference
-------------------------------------------------------------------------------
0.0.0.0           0.0.0.0           192.168.1.254       vlan1                 4
-                 direct   0        static              1                   360
192.168.1.0       255.255.255.0     0.0.0.0             vlan1                60
-                 direct   0        interface           1                     0
192.168.10.0      255.255.255.0     0.0.0.0             vlan10#              59
-                 direct   0        interface           1                     0
192.168.20.0      255.255.255.0     0.0.0.0             vlan20               58
-                 direct   0        interface           1                     0
192.168.30.0      255.255.255.0     192.168.20.253      vlan20               37
-                 remote   0        rip                 2                   100
-------------------------------------------------------------------------------

「RIP V2」で経路情報がやり取りされているのがわかると思います。



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)
<関連コンテンツ>
RIP Version1
RIP Version2

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.