@network Cisco・アライド実機で学ぶ > アライドテレシス実機で学ぶ > OSPF(マルチエリアOSPF設定_その7)

 Amazon

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆OSPF(マルチエリアOSPF設定_その7)
※動作確認は、CentreCOM8624XLでのみ行っております。他のアライド製品においても類似点が多いと思うので参考になると思います。詳細についてはアライドテレシスのサイトで、ご確認下さい。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆OSPF(マルチエリアOSPF設定_その7)

OSPF(その1)
OSPF(その2)
OSPF(検証_その3)
OSPF(DR・BDR_その4)
OSPF(優先度によるDR・BDR_その5)
OSPF(マルチエリアOSPFとは_その6)

の続きです。

それでは、下の図のような、マルチエリアOSPFネットワークを構築してみましょう!

 中央のバックボーンエリア(0.0.0.0)とエリア1.1.1.1、エリア2.2.2.2.、エリア3.3.3.3で構成されるOSPFネットワークを構築します。


●エリアの範囲

エリア 名称
0.0.0.0(バックボーンエリア) 192.168.1.0/24 (192.168.1.0〜192.168.1.255)
1.1.1.1(スタブエリア) 172.16.0.0/18 (172.16.0.0〜172.16.63.255)
2.2.2.2(スタブエリア) 172.16.64.0/18 (172.16.64.0〜172.16.127.255)
3.3.3.3(スタブエリア) 172.16.128.0/18 (172.16.128.0〜172.16.191.255)


●集約ルート

各エリアに集約ルートを指定します。

・エリア1.1.1.1に直結するネットワークは、「172.16.0.0/24」ですが、エリア外には「172.16.0.0/18」を通知するように指定します。

・エリア2.2.2.2に直結するネットワークは、「172.16.64.0/24」ですが、エリア外には「172.16.64.0/18」を通知するように指定します。

・エリア3.3.3.3に直結するネットワークは、「172.16.128.0/24」ですが、エリア外には「172.16.128.0/18」を通知するように指定します。


●SW1のコンフィグ
create vlan=a vid=10
create vlan=b vid=20
add vlan=a port=1,3,5,7,9,11,13,15,17,19,21,23
add vlan=b port=2,4,6,8,10,12,14,16,18,20,22,24

enable ip
add ip int=vlan-a ip=172.16.0.1 mask=255.255.255.0
add ip int=vlan-b ip=192.168.1.1 mask=255.255.255.0

set ospf routerid=1.1.1.1
add ospf area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.1.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf int=vlan-b area=0.0.0.0
add ospf area=1.1.1.1
add ospf range=172.16.0.0 mask=255.255.192.0 area=1.1.1.1
add ospf int=vlan-a area=1.1.1.1
enable ospf


●SW2のコンフィグ
create vlan=a vid=10
create vlan=b vid=20
add vlan=a port=1,3,5,7,9,11,13,15,17,19,21,23
add vlan=b port=2,4,6,8,10,12,14,16,18,20,22,24

enable ip
add ip int=vlan-a ip=192.168.1.2 mask=255.255.255.0
add ip int=vlan-b ip=172.16.64.1 mask=255.255.255.0

set ospf routerid=2.2.2.2
add ospf area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.1.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf int=vlan-a area=0.0.0.0
add ospf area=2.2.2.2
add ospf range=172.16.64.0 mask=255.255.192.0 area=2.2.2.2
add ospf int=vlan-b area=2.2.2.2
enable ospf


●SW3のコンフィグ
create vlan=a vid=10
create vlan=b vid=20
add vlan=a port=1,3,5,7,9,11,13,15,17,19,21,23
add vlan=b port=2,4,6,8,10,12,14,16,18,20,22,24

enable ip
add ip int=vlan-a ip=192.168.1.3 mask=255.255.255.0
add ip int=vlan-b ip=172.16.128.1 mask=255.255.255.0

set ospf routerid=3.3.3.3
add ospf area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.1.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf int=vlan-a area=0.0.0.0
add ospf area=3.3.3.3
add ospf range=172.16.128.0 mask=255.255.192.0 area=3.3.3.3
add ospf int=vlan-b area=3.3.3.3
enable ospf


SW1のルーティングテーブルを確認してみましょう!

●SW1のルーティングテーブル
Manager > show ip route

IP Routes
-------------------------------------------------------------------------------
Destination       Mask              NextHop             Interface           Age
DLCI/Circ.        Type     Policy   Protocol            Metrics      Preference
-------------------------------------------------------------------------------
172.16.0.0        255.255.255.0     0.0.0.0             vlan10              438
-                 direct   0        interface           1                     0
172.16.0.0        255.255.255.0     0.0.0.0             vlan10              116
-                 remote   0        ospf-Intra          1                    10
172.16.64.0       255.255.192.0     192.168.1.2         vlan20              117
-                 remote   0        ospf-Inter          2                    11
172.16.128.0      255.255.192.0     192.168.1.3         vlan20              118
-                 remote   0        ospf-Inter          2                    11
192.168.1.0       255.255.255.0     0.0.0.0             vlan20              438
-                 direct   0        interface           1                     0
192.168.1.0       255.255.255.0     0.0.0.0             vlan20              431
-                 remote   0        ospf-Intra          1                    10
-------------------------------------------------------------------------------


次は、異なるルーティングプロトコルを使用したネットワークを構築してみます。

続きは、「OSPF(ASBR_AS境界ルータ_その8)」で紹介します。



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)
<関連コンテンツ>
OSPF(その1)
OSPF(その2)
OSPF(検証_その3)
OSPF(DR・BDR_その4)
OSPF(優先度によるDR・BDR_その5)
OSPF(マルチエリアOSPFとは_その6)
OSPF(マルチエリアOSPF設定_その7)
OSPF(ASBR_AS境界ルータ_その8)
OSPF(仮想リンク_その9)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.