@network Cisco・アライド実機で学ぶ > アライドテレシス実機で学ぶ > OSPF(優先度によるDR・BDR_その5)

 Amazon

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆OSPF(優先度によるDR・BDR_その5)
※動作確認は、CentreCOM8624XLでのみ行っております。他のアライド製品においても類似点が多いと思うので参考になると思います。詳細についてはアライドテレシスのサイトで、ご確認下さい。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆OSPF(優先度によるDR・BDR_その5)

OSPF(その1)
OSPF(その2)
OSPF(検証_その3)
OSPF(DR・BDR_その4)

の続きです。

■優先度によるDR、BDRの選出

 OSPFなどのリンクステートプロトコルは、計算量が多く、オーバーヘッドが高い特徴があります。DR、BDRに選ばれるルータ(スイッチ)を、処理能力の高いルータ(スイッチ)に意図的に選ばれるようにしたい場合に、設定するのが、優先度の設定です。

 優先度の値が大きいほどDRに選出される可能性が高くなります。ちなみに優先度の値を「0」に設定するとDRに選出されなくなります。デフォルトの優先度の値は、「1」になっています。

優先度の設定を行うには、「ADD OSPF INTERFACE」コマンドを使います。

●ADD OSPF INTERFACEコマンド

ADD OSPF INTERFACE=vlan-if AREA={BACKBONE|area-number} [PRIORITY=0..255]

vlan-if: VLANインターフェース(VLAN-nameかVLANvidの形式。nameはVLAN名、vidはVLAN ID)または仮想インターフェース(VIRTx)
area-number: OSPFエリアID(a.b.c.dの形式)
password: パスワード(1〜8文字。任意の印刷可能文字を使用可能。空白を含む場合はダブルクォートで囲む)

<パラメーター>
INTERFACE: IPインターフェース(VLAN)名または仮想インターフェース名(VIRTx)を指定する。該当インターフェースは、AREAで指定したエリアの範囲内になくてはならない。

AREA: エリアID。仮想インターフェースの場合は通過エリアのエリアIDを指定する。

PRIORITY: ルーター優先度(0〜255)。大きいほど優先度が高く、指名ルーター(DR)に選出される可能性が高くなる。優先度が同じときはルーターIDの大きいほうがDRとなる。0はDRになる資格がないことを示す。デフォルトは1。

 「ADD OSPF INTERFACE」コマンドのパラメーターは、非常にたくさんあります。詳しくは、コマンドリファレンスを参照して下さい。

 それでは、下の図のように、OSPFネットワークの構成してゆきます。今度は、SW1、SW4がDRに選出されるように、SW1、SW4の優先度を「100」にしてみます。


 優先度は、「ROTUER ID」より優先されます。設定がうまくいけば、「ROUTER ID」の低くてもDRに選ばれるようになります。例えば、SW1は、「ROUTER ID」が低くても優先度の高いのでDRに選出されるはずです。SW2、SW3は、優先度の設定は、行いませんので、優先度の値は、1になります。

設定を行う前に、OSPFを設定するコマンドの復習をしておきましょう!


●OSPFを作成するコマンド

SET OSPF ROUTERID=ipadd

ipadd: IPアドレス

ROUTERID: ルーターID。IPアドレスと同じ形式で指定する。指定しなかった場合は、インターフェースに設定されたIPアドレスの中でもっとも大きなものがルーターIDとして使われる。

ADD OSPF AREA={BACKBONE|area-number}

area-number: OSPFエリアID(a.b.c.dの形式)

ADD OSPF RANGE=ipadd AREA={BACKBONE|area-number} [MASK=ipadd]

ipadd: IPアドレスまたはネットマスク
area-number: OSPFエリアID(a.b.c.dの形式)

ADD OSPF INTERFACE=vlan-if AREA={BACKBONE|area-number}[PRIORITY=0..255]

vlan-if: VLANインターフェース(VLAN-nameかVLANvidの形式。nameはVLAN名、vidはVLAN ID)または仮想インターフェース(VIRTx)
area-number: OSPFエリアID(a.b.c.dの形式)
PRIORITY: ルーター優先度(0〜255)。

ENABLE OSPF

OSPFモジュールを有効にする。デフォルトは無効。



 設定コマンドを復習したところで、早速、設定してみましょう。設定は、下のコマンドをコピーアンドペーストすると楽です。

<SW1のコンフィグ>
create vlan=vlan10 vid=10
create vlan=vlan20 vid=20
enable ip
add ip int=vlan10 ip=192.168.10.1 mask=255.255.255.0
add ip int=vlan20 ip=192.168.20.1 mask=255.255.255.0
add vlan=vlan10 port=1,2
add vlan=vlan20 port=3
add ospf area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.10.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.20.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf interface=vlan10 area=0.0.0.0 priority=100
add ospf interface=vlan20 area=0.0.0.0 priority=100
enable ospf


<SW2のコンフィグ>
create vlan=vlan10 vid=10
create vlan=vlan30 vid=30
enable ip
add ip int=vlan10 ip=192.168.10.2 mask=255.255.255.0
add ip int=vlan30 ip=192.168.30.2 mask=255.255.255.0
add vlan=vlan10 port=2
add vlan=vlan30 port=1
add ospf area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.10.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.30.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf interface=vlan10 area=0.0.0.0
add ospf interface=vlan30 area=0.0.0.0
enable ospf


<SW3のコンフィグ>
create vlan=vlan20 vid=20
create vlan=vlan40 vid=40
enable ip
add ip int=vlan20 ip=192.168.20.3 mask=255.255.255.0
add ip int=vlan40 ip=192.168.40.3 mask=255.255.255.0
add vlan=vlan20 port=2
add vlan=vlan40 port=1
add ospf area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.20.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.40.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf interface=vlan20 area=0.0.0.0
add ospf interface=vlan40 area=0.0.0.0
enable ospf


<SW4のコンフィグ>
create vlan=vlan30 vid=30
create vlan=vlan40 vid=40
enable ip
add ip int=vlan30 ip=192.168.30.4 mask=255.255.255.0
add ip int=vlan40 ip=192.168.40.4 mask=255.255.255.0
add vlan=vlan30 port=1,2
add vlan=vlan40 port=4
add ospf area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.30.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.40.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf interface=vlan30 area=0.0.0.0 priority=100
add ospf interface=vlan40 area=0.0.0.0 priority=100
enable ospf


設定が完了したら、DR、BDRの選出がどうなったか確認してゆきましょう!

「SHOW OSPF INTERFACE」コマンドを使って、DR、BDRを確認します。

●SW1側
Manager > show ospf interface
                                              Designated rtr   Backup DR
Iface    Status    Area             State     / Virtual nbr    / Transit area
-------------------------------------------------------------------------------
vlan10   Enabled   Backbone         DR        192.168.10.1     192.168.10.2
vlan20   Enabled   Backbone         DR        192.168.20.1     192.168.20.3
-------------------------------------------------------------------------------

●SW2側
Manager > show ospf interface
                                              Designated rtr   Backup DR
Iface    Status    Area             State     / Virtual nbr    / Transit area
-------------------------------------------------------------------------------
vlan10   Enabled   Backbone         backupDR  192.168.10.1     192.168.10.2
vlan30   Enabled   Backbone         backupDR  192.168.30.4     192.168.30.2
-------------------------------------------------------------------------------

●SW3側
Manager > show ospf interface
                                              Designated rtr   Backup DR
Iface    Status    Area             State     / Virtual nbr    / Transit area
-------------------------------------------------------------------------------
vlan20   Enabled   Backbone         backupDR  192.168.20.1     192.168.20.3
vlan40   Enabled   Backbone         backupDR  192.168.40.4     192.168.40.3
-------------------------------------------------------------------------------

●SW4側
Manager > show ospf interface
                                              Designated rtr   Backup DR
Iface    Status    Area             State     / Virtual nbr    / Transit area
-------------------------------------------------------------------------------
vlan30   Enabled   Backbone         DR        192.168.30.4     192.168.30.2
vlan40   Enabled   Backbone         DR        192.168.40.4     192.168.40.3
-------------------------------------------------------------------------------

 DR、BDRは、以下の図のようになっているはずです。OSPFは、先にDR、BDRが決まってしまうと、DR,BDRがダウンするまで、変更されることはありません。他のルータ(スイッチ)が追加されたとしても、追加したルータ(スイッチ)が、DR、BDRにならないので、注意して下さい。

期待通りに、DR、BDRにさせるには、ルータ(スイッチ)を同時に電源を入れる必要があります。


 優先度の設定をすれば、このようにDR、BDRの選出を意図的に操作できます。処理能力の高いルータ(スイッチ)をDRにすることで、ネットワークのパフォーマンスを改善することができます。ぜひ覚えておきましょう!



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)
<関連コンテンツ>
OSPF(その1)
OSPF(その2)
OSPF(検証_その3)
OSPF(DR・BDR_その4)
OSPF(優先度によるDR・BDR_その5)
OSPF(マルチエリアOSPFとは_その6)
OSPF(マルチエリアOSPF設定_その7)
OSPF(ASBR_AS境界ルータ_その8)
OSPF(仮想リンク_その9)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.