@network Cisco・アライド実機で学ぶ > アライドテレシス実機で学ぶ > OSPF(シングルエリア_その2)

 Amazon

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆OSPF(シングルエリア_その2)
※動作確認は、CentreCOM8624XLでのみ行っております。他のアライド製品においても類似点が多いと思うので参考になると思います。詳細についてはアライドテレシスのサイトで、ご確認下さい。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆OSPF(シングルエリア_その2)

OSPF(その1)

の続きです。

それでは、実際に、シングルエリアOSPFを設定してゆきましょう。まずは、DR、BDRの選出にROUTERIDがどのように影響するかを検証するために、PRIORITYの設定を、しないで、構築してゆきます。

 それでは、下の図のように構築してゆきますが、見てお分かりのようにループ構造になっています。全てのレイヤ3スイッチの設定が終わるまで、配線は行わないで下さい。




●OSPFを作成するコマンド

SET OSPF ROUTERID=ipadd

ipadd: IPアドレス

ROUTERID: ルーターID。IPアドレスと同じ形式で指定する。指定しなかった場合は、インターフェースに設定されたIPアドレスの中でもっとも大きなものがルーターIDとして使われる。

ADD OSPF AREA={BACKBONE|area-number}

area-number: OSPFエリアID(a.b.c.dの形式)

ADD OSPF RANGE=ipadd AREA={BACKBONE|area-number} [MASK=ipadd]

ipadd: IPアドレスまたはネットマスク
area-number: OSPFエリアID(a.b.c.dの形式)

ADD OSPF INTERFACE=vlan-if AREA={BACKBONE|area-number}

vlan-if: VLANインターフェース(VLAN-nameかVLANvidの形式。nameはVLAN名、vidはVLAN ID)または仮想インターフェース(VIRTx)
area-number: OSPFエリアID(a.b.c.dの形式)

ENABLE OSPF

OSPFモジュールを有効にする。デフォルトは無効。



OSPFを設定する主なコマンドを把握したところで、早速、設定してゆきましょう!

■SW1の設定

SW1から設定してゆきます。

まず、VLANを作成し、VLANインタフェースにIPアドレスを割り当て、ポートをVLANに所属させます。

●VLANの設定
Manager > create vlan=vlan10 vid=10
Manager > create vlan=vlan20 vid=20

Manager > enable ip

Manager > add ip int=vlan10 ip=192.168.10.1 mask=255.255.255.0
Manager > add ip int=vlan20 ip=192.168.20.1 mask=255.255.255.0

Manager > add vlan=vlan10 port=1,2
Manager > add vlan=vlan20 port=3

次にOSPFの設定をしてゆきます。

 OSPFでは、バックボーンエリアとなる土台が必要です。シングルエリアOSPFでネットワークを構築する場合、全てのルータ(レイヤ3スイッチ)をバックボーンエリアに所属させるようにします。

 今回は、エリア0(バックボーン)で構成しますので、AREAの指定を「BACKBONE」もしくは、「0.0.0.0」と指定します。ここでは、「0.0.0.0」と指定してみます。IPアドレス形式で入力するので、CiscoルータでOSPFを設定したことのある方は、あれ!って思われるかもしれません!

OSPFエリアの設定は、以下のようになります。

ADD OSPF AREA=0.0.0.0
ADD OSPF RANGE=192.168.10.0 MASK=255.255.255.0 AREA=0.0.0.0
ADD OSPF INTERFACE=VLAN10 AREA=0.0.0.0

 「ADD OSPF INTERFACE」コマンドを実行するには、あらかじめ、エリアの作成と、RANGEの指定を先に済ませておく必要があります。

 「SET OSPF ROUTERID」コマンドで、ROUTERIDは、指定しません。指定しなかった場合は、インターフェースに設定されたIPアドレスの中で最も大きなものがルーターIDとして使われるので、自インタフェースに振られたIPアドレスを利用します。

コマンド: SET OSPF ROUTERID=ipadd

OSPFの指定が、完了したら、最後に、「ENABLE OSPF」コマンドで、OSPFを有効にします。

コマンド: ENABLE OSPF

●OSPFの設定
Manager > add ospf area=0.0.0.0
Manager > add ospf range=192.168.10.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
Manager > add ospf range=192.168.20.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
Manager > add ospf interface=vlan10 area=0.0.0.0
Manager > add ospf interface=vlan20 area=0.0.0.0
Manager > enable ospf


<SW1のコンフィグ>
Manager > create vlan=vlan10 vid=10
Manager > create vlan=vlan20 vid=20
Manager > enable ip
Manager > add ip int=vlan10 ip=192.168.10.1 mask=255.255.255.0
Manager > add ip int=vlan20 ip=192.168.20.1 mask=255.255.255.0
Manager > add vlan=vlan10 port=1,2
Manager > add vlan=vlan20 port=3Manager > add ospf area=0.0.0.0
Manager > add ospf range=192.168.10.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
Manager > add ospf range=192.168.20.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
Manager > add ospf interface=vlan10 area=0.0.0.0
Manager > add ospf interface=vlan20 area=0.0.0.0
Manager > enable ospf

 DR、BDRの選出を期待通りに選出させるには、全てのスイッチ(ルータ)を同時に起動する必要があります。後で、再起動させますので、設定を保存しておきましょう!

●設定の保存
Manager > create config=test01.cfg
Manager > set config=test01.cfg


設定をコピーアンドペーストできるように、SW1〜SW4の設定も用意しておきました。
それでは、残りのSW2〜SW4の設定もしてゆきましょう!

 コピーアンドペーストすると、自動的に「test01.cfg」ファイルが作成され、スイッチのコンフィグが「test01.cfg」にセットされます。

設定ファイルを自分で名前を付けて保存して、コンフィグをセットしたい場合は、

create config=test01.cfg
set config=test01.cfg

を変更して下さい。


<SW1のコンフィグ(コピーアンドペースト用)>
create vlan=vlan10 vid=10
create vlan=vlan20 vid=20
enable ip
add ip int=vlan10 ip=192.168.10.1 mask=255.255.255.0
add ip int=vlan20 ip=192.168.20.1 mask=255.255.255.0
add vlan=vlan10 port=1,2
add vlan=vlan20 port=3
add ospf area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.10.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.20.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf interface=vlan10 area=0.0.0.0
add ospf interface=vlan20 area=0.0.0.0
enable ospf
create config=test01.cfg
set config=test01.cfg


<SW2のコンフィグ(コピーアンドペースト用)>
create vlan=vlan10 vid=10
create vlan=vlan30 vid=30
enable ip
add ip int=vlan10 ip=192.168.10.2 mask=255.255.255.0
add ip int=vlan30 ip=192.168.30.2 mask=255.255.255.0
add vlan=vlan10 port=2
add vlan=vlan30 port=1
add ospf area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.10.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.30.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf interface=vlan10 area=0.0.0.0
add ospf interface=vlan30 area=0.0.0.0
enable ospf
create config=test01.cfg
set config=test01.cfg


<SW3のコンフィグ(コピーアンドペースト用)>
create vlan=vlan20 vid=20
create vlan=vlan40 vid=40
enable ip
add ip int=vlan20 ip=192.168.20.3 mask=255.255.255.0
add ip int=vlan40 ip=192.168.40.3 mask=255.255.255.0
add vlan=vlan20 port=2
add vlan=vlan40 port=1
add ospf area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.20.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.40.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf interface=vlan20 area=0.0.0.0
add ospf interface=vlan40 area=0.0.0.0
enable ospf
create config=test01.cfg
set config=test01.cfg


<SW4のコンフィグ(コピーアンドペースト用)>
create vlan=vlan30 vid=30
create vlan=vlan40 vid=40
enable ip
add ip int=vlan30 ip=192.168.30.4 mask=255.255.255.0
add ip int=vlan40 ip=192.168.40.4 mask=255.255.255.0
add vlan=vlan30 port=1,2
add vlan=vlan40 port=4
add ospf area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.30.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf range=192.168.40.0 mask=255.255.255.0 area=0.0.0.0
add ospf interface=vlan30 area=0.0.0.0
add ospf interface=vlan40 area=0.0.0.0
enable ospf
create config=test01.cfg
set config=test01.cfg


設定が、完了したら

 「192.168.10.10」の端末から、「192.168.30.10」の端末へPingをしてみましょう。設定が正しく行えていれば、Pingが成功するはずです。

それでは、設定したOSPFを検証してゆきましょう!

続きは、次の「OSPF(検証_その3)」で紹介しています。



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)
<関連コンテンツ>
OSPF(その1)
OSPF(その2)
OSPF(検証_その3)
OSPF(DR・BDR_その4)
OSPF(優先度によるDR・BDR_その5)
OSPF(マルチエリアOSPFとは_その6)
OSPF(マルチエリアOSPF設定_その7)
OSPF(ASBR_AS境界ルータ_その8)
OSPF(仮想リンク_その9)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.