@network Cisco・アライド実機で学ぶ > アライドテレシス実機で学ぶ > IPアドレスを振る

 Amazon

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆IPアドレスを振る
※動作確認は、CentreCOM8624XLでのみ行っております。他のアライド製品においても類似点が多いと思うので参考になると思います。詳細についてはアライドテレシスのサイトで、ご確認下さい。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆IPアドレスを振る

 レイヤ3スイッチは、購入時、デフォルトでは、レイヤ2スイッチとして機能するように設定されています。単なるスイッチとして利用するだけなら、電源を入れるだけで直ぐに使用できます。しかし、これでは、値段の安いスイッチと変わりありません。

 レイヤ3のスイッチですから、ルータのように使わないと、せっかく持っている機能が、宝の持ち腐れです。まず、ここでは、IPアドレスを振ってIP端末としての利用できるようにしましょう!IPアドレス振ることで、Telnetでアクセスできたり、SNMPで管理できるようになります。


1.IPモジュールを有効にします

 IPモジュールは、デフォルトでは無効です。IPモジュールを有効にすることで、IPによる設定ができるようになります。

ちなみに、IPモジュールを無効のままで、設定しようとすると警告が表示されます。

Manager > add ip int=vlan-default ip=192.168.1.10 mask=255.255.255.0

Warning (205267): The IP module is not enabled.

それでは、IPモジュールを有効にします。

●ENABLE IP
Manager > enable ip

Info (105287): IP module has been enabled.


2.IPアドレスを設定する

 ルータだと、物理インターフェース(Ethernet、Serial)にIPアドレスを設定するようになるのですが、レイヤ3スイッチは、VLANにIPアドレスを設定するようになります。

まず、スイッチにどのVLANが存在するか調べてみましょう!

スイッチ上に設定されているVLANを確認するには「sh vlan」コマンドを使います。

●SH VLAN
Manager > sh vlan

 VLAN Information
---------------------------------------------------------------------------
 Name ............... default
 Identifier ......... 1
 Status ............. static
 Untagged ports ..... 1-24
 Tagged ports ....... None
 Spanning Tree ...... default
 Trunk ports ........ None
 Mirror port ........ None
 Attachments:
 Module           Protocol         Format    Discrim     MAC address
 -------------------------------------------------------------------
 GARP             Spanning tree    802.2     42             -
 -------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------

 全てのインターフェースがdefaultと言う名前のVLAN1に所属しているのが分かります。初期状態では、全てのポートがVLAN defaultに所属しています。

IPアドレスを割り当てるには、次のコマンドを使います。

ADD IP INTERFACE=vlan-if IPADDRESS={ipadd|DHCP} [MASK=ipadd]

vlan-if: VLANインターフェース(VLAN-nameかVLANvidの形式。nameはVLAN名、vidはVLAN ID)
ipadd: IPアドレスまたはネットマスク

 「ADD IP INTERFACE」コマンドのオプションは、たくさんあるのですが、IPアドレスを振るだけであれば、上記だけで十分です。

それでは、IPアドレスをインタフェースに割り当てます。

●ADD IP INTERFACE
Manager > add ip int=vlan-default ip=192.168.1.10 mask=255.255.255.0

Info (105275): interface successfully added.


3.デフォルトルートを設定する

 別のネットワーク(サブネット)からアクセスするのであれば、デフォルトルートの設定も必要になります。デフォルトルートは、静的ルートの一種です。宛先ネットワークを「0.0.0.0」、サブネットマスクを「0.0.0.0」に指定します。

ADD IP ROUTE=ipadd INTERFACE=vlan-if NEXTHOP=ipadd [MASK=ipadd]

ipadd: IPアドレスまたはネットマスク
vlan-if: VLANインターフェース(VLAN-nameかVLANvidの形式。nameはVLAN名、vidはVLAN ID)

●ADD IP ROUTE
Manager > add ip route=0.0.0.0 mask=0.0.0.0 int=vlan-defauult nexthop=192.168.1.2
54
Info (105275): IP route successfully added.

次回起動時も同じ設定が有効になるように、設定ファイルを保存して、起動スクリプトとして指定しておきます。


Manager > create config=test01.cfg

Info (149003): Operation successful.

Manager > set config=test01.cfg

Info (149003): Operation successful.


 ちなみに、全てのポートがVLAN1に所属しているので、PORT2に端末を接続しようが、PORT10に接続しようが、Ping可能です。




<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)
<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.