@network Cisco・アライド実機で学ぶ > アライドテレシス実機で学ぶ > DHCPリレーとは

 Amazon

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆DHCPリレーとは
※動作確認は、CentreCOM8624XLでのみ行っております。他のアライド製品においても類似点が多いと思うので参考になると思います。詳細についてはアライドテレシスのサイトで、ご確認下さい。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆DHCPリレーとは

DHCP(その1)
DHCP(複数サブネット_その2)

の続きです。

 DHCPは、IP関連のパラメータの設定を自動化するために、今では、ネットワークに欠かせないサービスになりました。数十台規模のネットワークになるとDHCPサーバを導入している所がほとんどでは、ないのでしょうか。

 しかし、この便利なDHCPですが、下の図のようにブロードキャスト通信を使ってサーバとクライアント間で通信する仕組みから、ネットワークの規模が大きくなってくるとある問題が浮かび上がってきます。DHCPクライアントとDHCPサーバのメッセージの交換のやり取りを確認してみましょう!

●DHCPの通信の流れ


@クライアントがサーバに対して、まず「DHCPDISCOVER」メッセージをネットワーク全体に対して送信します。

送信先MACアドレス ・・・ FF:FF:FF:FF:FF:FF
送信先IPアドレス ・・・ 255.255.255.255

ADHCPサーバが「DHCPDISCOVER」メッセージを発見すると、「DHCPOFFER」メッセージで応答します。このメッセージの中には、候補となるIPアドレスが入っています。

B受け取ったIPアドレスで問題なければ、取得要求である「DHCPREQUEST」メッセージを送信します。

Cサーバは、「DHCPACK」メッセージでIPアドレスや、その他のオプションを通知します。

 これらの通信は、全てブロードキャストで実行されます。ルータは、ブロードキャストをブロックします。そこで、問題が発生してくるのです。

 例えば、下図のように各セグメントをルータでつなげてネットワークを構築する場合、ルータの向こう側にあるDHCPサーバへの通信がブロックされてしまうのです。



 その結果、セグメントごとにDHCPサーバを用意してやる必要がでてくるのです。これでは、せっかく、IP関連のパラメータの設定を自動化できても、DHCPサーバの運用管理が大変でメリットが半減してしまいます。DHCPサーバを立てたらほったらかしというわけには、ゆきません。OSのアップデートも必要ですし、台数が増える分、動作不良や故障の発生回数も増えてきます。

そこで、いくつか解決策があります。

1つ目は、DHCPリレーエージェントを使う方法です。

●DHCPリレーエージェント

 DHCPリレーエージェント機能を利用すると下図のように、リレーエージェントがブロードキャストで送られてきたDHCPクライアントからの要求を代理で受け取って、別のセグメント(ネットワーク)上にあるDHCPサーバに転送してくれます。



 そして、DHCPサーバからの応答を受け取って、元のDHCPクライアントにブロードキャストで返信します。DHCPリレーエージェントがこの中継処理を行うことで、各セグメントにDHCPサーバを設置せずに済むようになります。

これで、ちょっと考えてみて下さい。

 セグメントごとにDHCPサーバを設置せずに済むようになりましたが、代わりにDHCPリレーエージェントを設置しなければなりません。

 Windows 2000 Server、Windows Server 2003には、「DHCP リレー エージェント」機能があるので、これらを用いれば、DHCPリレーエージェントを比較的簡単に用意することができるのですが、メンテナンス機器が増え、運用管理に負担がかかることに変わりありません。

そこで、2つ目の方法がオススメになってきます。

●ルータにDHCPリレーを設定する方法

 この方法は、ルータに、DHCPリレーの設定を行って、ルータ自身にDHCPの通信をリレーさせる方法です。この方法だと、別途、DHCPリレーエージェント機能をインストールしたPCを用意しなくても済みます。



 運用管理においても、メンテナンスしなければならない機器が増えるわけではないので、運用面が楽になります。また、費用的にも、別途、PCを用意しなくても済むので安上がりになります。

DHCPリレーとはどんなものか、理解したところで、実際にL3SWにDHCPリレーの設定をしてみましょう!

続きは、「DHCPリレーの設定」で紹介します。



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)
<関連コンテンツ>
DHCP(その1)
DHCP(複数サブネット_その2)
DHCPリレーとは
DHCPリレーの設定

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.