@network Cisco・アライド実機で学ぶ > アライドテレシス実機で学ぶ > DHCP(その1)

 Amazon

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆DHCP(その1)
※動作確認は、CentreCOM8624XLでのみ行っております。他のアライド製品においても類似点が多いと思うので参考になると思います。詳細についてはアライドテレシスのサイトで、ご確認下さい。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆DHCP(その1)

 DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)は、IPアドレスなど必要な情報を自動的に割り当てる機能です。DHCPサーバは、クライアントの要求に対して、あらかじめプールされたIPアドレスの中から、使用されていないアドレスを選び、一定期間、クライアントに割り当てます。

 IPアドレスだけでなく、デフォルトゲートウェイやDNSサーバのIPアドレス、サブネットマスクなど、同一サブネット内で共通して使われるパラメータを配布することができます。クライアントが通信を終えると自動的にアドレスを回収し、他のコンピュータに割り当てます。

 DHCPを使うことで、ネットワークの設定に詳しくないユーザに自動的に、IPアドレスを始めとするパラメータを割り当てることができ、ネットワーク管理者は、多くのクライアントを容易に一元管理することができます。

それでは、まず、DHCPを設定するコマンドを見てみましょう。


●DHCPを設定するコマンド

ENABLE DHCP

DHCPサーバー機能を有効にする。デフォルトは無効。

CREATE DHCP POLICY=policy LEASETIME={seconds|INFINITY}

policy: DHCPポリシー名(1〜15文字。大文字小文字を区別しない)
seconds: 時間(3600秒〜)

ADD DHCP POLICY=policy [DNSSERVER=ipadd,ipadd...] [ROUTER=ipadd,ipadd...] [SUBNETMASK=ipadd]

DHCPポリシー(クライアントに提供する情報)にIP設定情報を追加します。

設定できるパラメーターは、非常に多いので、詳しくはコマンドリファレンスを参考にして下さい。

CREATE DHCP RANGE=range POLICY=policy IP=ipadd NUMBER=count

range: DHCPレンジ名(1〜15文字。大文字小文字を区別しない)
policy: DHCPポリシー名(1〜15文字。大文字小文字を区別しない)
ipadd: IPアドレス

クライアントに与えるIPアドレスの範囲を定義する。


ここでは、下図のようにネットワークを構築します。

 クライアントが、DHCPサーバ(今回設定するスイッチ)から自動的に取得したIPアドレスで、インターネット接続できるようにしてみます。


インターネットへの接続ポイントであるルータは、自宅のブロードバンドルータを使います。

DNSサーバは、最近のブロードバンドルータの機能の1つである「DNSリレー」機能を使って代用します。

 「DNSリレー機能」とは、メーカによって呼び方は、さまざまですが、ルーターがパソコンからのDNSについての問い合わせを受けた場合、本物のDNSサーバーにリレーする機能です

以下のパラメータをDHCPで配布するように設定します。

設定パラメータ IPアドレス
デフォルトゲートウェイ 192.168.1.254
プライマリーDNSサーバ 192.168.1.254
サブネットマスク 255.255.255.0

IPアドレスは、192.168.1.100〜192.168.1.110の10アドレスを割り当てることにします。

また、クライアント側では、IPアドレスを自動取得するように設定しておく必要があります。

IPアドレスを自動で取得する設定については、こちら「IPアドレスを自動取得する」を参考にして下さい。


●スイッチのコンフィグ
create vlan=vlan10 vid=10
add vlan=vlan10 port=1-8
enable ip
add ip int=vlan10 ip=192.168.1.253 mask=255.255.255.0

enable dhcp
create dhcp policy=mypolicy lease=7200
add dhcp policy=mypolicy subnet=255.255.255.0 router=192.168.1.254 dnsserver=192.168.1.254
create dhcp range=myip policy=mypolicy ip=192.168.1.100 number=10

※IPアドレスなどを複数指定するときは、カンマの前後にスペースを入れないように注意して下さい。

ちなみに、
プライマリーDNSサーバ ・・・ 192.168.1.10
セカンダリーDNSサーバ ・・・ 192.168.1.11

と指定する場合は、

dnsserver=192.168.1.10,192.168.1.11

とパラメータで指定します。

うまく、IPアドレスが取得できていれば、下の図のようになっていると思います。



コマンドプロンプトでも確認できます。

ipconfig /all

コマンドで、IPの設定詳細を確認することができます。



リースの時間も、設定したように

7,200秒 = 2時間

になっています。

 インターネットへ接続できるかどうかも確認してみましょう。特に、L3スイッチやブロードバンドルータ上にルーティングの設定を行わなくても、インターネットへの接続ができるはずです。


今度は、複数サブネット環境においてDHCPを構築してみます。

続きは、こちら「DHCP(複数サブネット_その2)」です。



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)
<関連コンテンツ>
DHCP(その1)
DHCP(複数サブネット_その2)
DHCPリレーとは
DHCPリレーの設定

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.