@network Cisco・アライド実機で学ぶ > アライドテレシス実機で学ぶ > アライドシステム機器について

 Amazon

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆アライドシステム機器について
※動作確認は、CentreCOM8624XLでのみ行っております。他のアライド製品においても類似点が多いと思うので参考になると思います。詳細についてはアライドテレシスのサイトで、ご確認下さい。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆アライドシステム機器について

 ネットワーク機器を製造販売するメーカーは、数多くあります。その中で、一番の知名度とシェアを誇るのが、「Cisco Systems」の製品です。今まで、多くの企業がCisco機器を採用し、その実績は、他のメーカーに追随を許しません。ネットワーク機器で大切な要因の一つに安定動作がありますが、その安定動作においても高い評価を得ています。

 ネットワークを構築するのに、Cisco機器で構築したいところなのですが、全ての機器をCisco機器で揃えるのは、大変です。と言うのも、Cisco機器は、値段がかなり高価で、全ての機器をCisco機器で揃えると大変な金額になってしまいます。大手企業であれば、たいした金額ではないのでしょうが、中小企業ともなると、大きな負担になります。

 会社経営者の意識レベルによりますが、多くの場合、イニシャルコストの高さを気にしてし、なかなか導入に踏み切れないのが現状です。

 そこで、ネットワークエンジニアの腕の見せ所になります。お金をかけないといっても、コスト、機能、安全性、安定性、TOTAL的に優れたネットワークを構築する必要があります。そんな時に重宝し、力強い味方になってくれるのが、アライドテレシスの機器なのです。


アライドテレシスとは

1987年 3月: システム・プラス株式会社として設立 資本金100万円
      9月: アライドテレシス株式会社に社名変更

と、企業の歴史も長く、数多くの導入実績を上げている優良企業です。アライドテレシスは、独自の世界最適地戦略を展開しています。それは、技術レベルの高い国で開発し、コスト競争力に優れた国で生産し、市場規模の広い国で販売するという理念です。

 その経営理念で、優れた製品を比較的安価で提供しています。同等の機能を持つ製品をCisco機器で購入しようと思うと、なかなか手が出せないと思います。


 アライド機器で、お買い得なネットワーク機器は、レイヤー3スイッチ、VPNに対応したルータです。性能の割りにコストパフォーマンスに優れています。

 これから、ネットワークの勉強を始めようと思っている方にも、アライドテレシスの機器は、オススメです。中古や、オークションなどでも安く購入できます。ネットワーク構築において、アライド製品に精通しておくことは、重要だと思います。



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)
<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.